フリーのWebデザイナーさんは、もっと情報発信して欲しい

仕事って重なるときは重なります。
今年に入って、ちょうどそんな時期があり、お仕事をまるっとお任せできそうな方をネットで探しました。
Jimdoで女性っぽいデザインの案件だったので、「Jimdo制作」「女性 Webデザイナー」「地名」などをミックスして検索。

いくつか検索語句を入れ替えて、見つかった!見つかりましたよー。
サイトでまず拝見するのは

●制作実績(ビジュアルを作るのだから、当然実績は最も大事!)
●料金
●プロフィール欄
●ブログ(あれば)

です。今回お願いする決め手になったのは、ブログの文章が、すごく丁寧に書いてあったことと、「サッカーが好き」というのがわかったので、「もう、これは間違いない!」と連絡を取りました。(もちろん制作実績も)

ちなみに「サッカー好き」は、前々から導入しているウチ独自の採用基準で、はずしたことがありません(笑)
(もう一つだけ独自の基準がありますが、これはブログ上では永遠の秘密!)

お願いすることにしたのは、こちら!カタクリコデザインのカイエダさんです。
http://www.catacrico.com/


キャー、なんて素敵なデザイン!

こちらのページに経緯などが詳しく書かれています。(ホント丁寧で頭が下がります)

 http://www.catacrico.com/2014/03/lazeez.html
【制作実績】新宿、国分寺、東村山、久米川のベリーダンス教室『スタジオ ラジーズ』|
Jimdoオリジナルデザインカスタマイズ&ロゴ制作

出会いのきっかけになれて、よかったです!
カイエダさんとはSkypeでお話しただけで、まだ一度もお会いしていないのですが、初めて会う場所は「味の素スタジアム」ではないかと(勝手に)予想しています。

この出来事を通して思ったのは、フリーのWebデザイナーさんは、ごくごく標準設計のWebサイトを作れば、サイト経由でお仕事が来るようになるのではないかということ。下請け脱却できるんじゃないかな。意外とWebサイトを持っている人が少ないフリーランス業界、もったいないなと思います。

ただし、独自ドメインのWebサイトに限る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です