WordPressの実験サイトに、サブドメインを設定して失敗⇒サイトが表示されず

実験サイトにサブドメインを設定しようとして失敗。サイトが表示されなくなってしまうというトラブルに見舞われる。旧URLに戻そうと思っても、管理画面がnot foundになってしまい、お手上げ。
いろいろ調べてみたら、「wp-config.php」に一文追加すればいけそう。

ということでやってみた。

参考ページ:
http://ja.forums.wordpress.org/topic/2260

WordPress アドレス (URL)
http://wpdocs.sourceforge.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86#WordPress_.E3.82.A2.E3.83.89.E3.83.AC.E3.82.B9_.28URL.29

追加したのは、
define(‘WP_SITEURL’, ‘http://www.example.com/wordpress’);
この一文。(後ろのhttp://以降は、自分が表示させたいURL。)

wp-config.phpを開くと、define(・・・・という文字列がいくつか並んでいるところがあるので、適当な場所に上述の一文を追加⇒FTPで上書き。

ただし、この方法を使うと、Wordpressの管理画面からURLを編集することはできなくなります。

このようなトラブルを避けるために

使用したサーバはXサーバー。
先にWordpressをインストール、あとからサブドメインにしようと思って失敗したので、予めコントロールパネルからサブドメインを設定しておき、そこをインストール先のディレクトリとして指定した方が失敗しなさそうです。

サーバーによっては、特にインストールディレクトリを気にしなくてもOKのところもありますが、Xサーバーは違うみたい。以前、同じ様なトラブルを起こしてしまったときに、懇意のSEに泣きついて修正してもらったことを思い出しました。今回自力解決ができるようになり、人間ちゃんと成長しているんだな、としみじみ。

ディレクトリを丸ごと移動すればいいんじゃね?と思ったアナタ

私もそう思いました。FTPで、Wordpressを丸ごとダウンロードして、サブドメインを使おうとしているディレクトリにコピー・・・そのぐらいは、ノンプログラマーのデザイナーにも思いつきます。そして、やってみました。やってみたのです、が!

なぜか、コピーの途中で何かのphpファイルにエラーがあると表示され、途中でサイト自体が表示されなくなってしまい、断念しました。さすがにphpを自力でデバッグするなどという芸当はありません。(ということで、wp-configをいじった話しに戻る)

ひとまず「もうダメだー」と思っていたサイトが、また表示できるようになり、更新もできるようになりました!ホッ!

追記・mysqlを直接編集する方法

wordpressの一般設定でwordpressのアドレス(URL)を間違った時の復旧方法
こちらは、configファイルを書き換えない方法。mysqlの中に入って操作します。この時、わたくしmysqlのパスワードを失念してしまい、コンパネから無理やり変更したところ・・・見事に

データベース接続エラー

と表示されまして、結局またまた「wp-config.php」を書き換えるハメに。wp-config.php、大事です。まじで。

なんというか、自分があわてんぼうさんで、少し待てばちゃんと設定したドメインで表示されるようになったはずなのに、途中でデザインがくずれ、管理画面にアクセスできなくなった瞬間に焦って、あわあわしだすという悪しきループに陥っていることにようやっと気がつきました。

【メモ】
リダイレクト用の.htaccessファイルが作れるサイト
http://www.itjpn.co.jp/mkhtacc/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です