FacebookページをWebサイトの「新着情報」代わりに使うという活用方法

twitter-292989_1280

ホームページを持つようになると、新着情報の発信をどうするか?という問題が出てきます。もともとブログをやっていた方はそれほどでもないようですが、そうではない場合「なかなか手が回らない」というケースが多いようです。

そんなときは「Facebookページ」をホームページの新着情報がわりに使うという手もあります。パソコンよりもスマホの方が使い慣れている、そもそもパソコンをあまり開かないという方は、スマホのアプリからお手軽に投稿できるFacebookページだと、簡単に更新できますよね。

ただし、メリットとデメリットの両方を知っていた方がよいと思いますので、簡単にまとめてみます。

メリット

●スマホなどで簡単にアップでき、長文を書く必要がない
●リアルタイムに出来事を知らせることができる
●いろいろなサイトで共有できる(Facebookページを埋め込むことによって)
●記事ごとに、埋め込むこともできる
●ブログよりもシェアされやすい
●いいね!が増えるとプロモーションとして有効なツールになる

デメリット

●過去の投稿を探しにくい(探せない)
●文字に装飾できない

デメリットは少ないのですが、過去の情報にたどり着きにくいというのは、残念過ぎますよね・・・。ある程度投稿したら、重要な投稿は、ブログやホームページの記事内に埋め込むとか、あるいは内容を膨らませて、1ページ分の記事としてあとでまとめる等しておかないと、探せなくなってしまいますので、ご注意を!

●Facebookページの投稿を、ブログの記事に埋め込んだ例
http://shikama.net/biz/news/680/
意外と知られていないのですが、投稿した記事「単体」を簡単にブログ記事に埋め込むことができるのです。

●アーカイブするツール(外部の無料ツール)
http://fblog.jp/fb/fbpage_howto
こういったツールを使うのも手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です