【Shikama.net】リニューアル後のアクセス数とかCVRとかの話

Schoolchild with Chart

Shikama.netのリニューアルから数か月が経過。
訪問者数は20%ほどアップで、PV数が2.5倍ぐらいになりました。
以前は7ページぐらいしかなかったので(笑)、回遊のしようがなかったんですよね。

お問い合わせ数は、リニューアル前とそれほど変わっていないので、CVRにすると落ちたということにはなるのですが、あくまでも「率」なので、母数が増えて、お問い合わせ数が変わらなければ、当然計算結果の数字は低いものになります。しかし、大事なのは「目標数」なので、今しばらくは「率」にとらわれず、訪問数を増やす方向で伸ばしていく予定。

制作実績の個別情報と、セミナー関連のお知らせ&レポートは発信しやすくなったので、個人的には大満足です!「(Shikama.netと)同じようなホームページが欲しい」というお問い合わせもありまして、やはりリニューアルしてよかった!と思っております。

特に制作実績は、お客様のサイトへ流入が行く入り口の一つになるので、たくさん見ていただきたいですね。私がブログを更新する大きな理由の一つでもあります。(同業者もいっぱい見ていそうな気がするけれど)

ひとまず設計の方向性は間違っていなかったということでホッとしております。

リニューアル当初に起こった驚くべきできごと

5月のリニューアルのタイミングに合わせ、ネットで広告を出稿したこともあり、毎日お問い合わせが来て驚きました。(お問い合わせフォームが壊れたのかと思ってしまった)。返信や見積もり作成が全然追いつかず、広告は2週間で止めました。現在は平均的な数値に落ち着いています。

ネット広告は即効性があるので「ここらで少し新規顧客を獲得したい!」というタイミングで出稿し、SEOと使い分けていくと効果的です。SEOはものすごく時間がかかるし絶え間ない手入れが必要になりますが、広告は結果が出るのが本当に早い!(この辺は、また別途説明したいと思います)

意外なキーワードの流入

これは本当に運営してみなければわからないことなのですが、意外なキーワードでアクセスがありました。

これはコンバージョンにつながるかと言えば微妙なのですが、こういう「セレンディピティ」的な発見があるから、Web運営はやめられませんね。新たな「ネット上のニーズ」を発見しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です