Googleがスマホ対応してるかどうかを順位に反映するとか発表して、業界ではちょっとした騒ぎに

騒いでいるのはウェブ業界(と、一部のウェブに詳しい人)だけかも知れない的なネタではありますが。こんな記事がありました。

Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/21から導入。
https://www.suzukikenichi.com/blog/mobile-friendly-as-a-ranking-factor/

業界では「SEOの神」とも呼ばれる辻さんは、このように言っています。

予想がつきにくいものは「様子見」ですよね、やはり。

そして、何となく「オーサーランク」の時のような流れを思い起こしてしまうのは私だけでしょうか。(いや、違うだろ!という突込みは甘んじて受けます)

被リンクから”オーサーランク”へ評価軸が変更 – SEO HACKS
http://www.seohacks.net/blog/algorithm/link_usureru/

Google、著者情報プログラムを完全廃止
https://www.suzukikenichi.com/blog/google-authorship-program-is-discontinued-completely/

「オーサー情報を設定しておきさえすれば順位が上がるんですよ」とドヤ顔で語っていたSEO業者さんのことを、うっかり思い出してしまいました。(その後、お元気ですか?)

ちなみにJimdoユーザーの方は、「設定⇒スマートフォン⇒有効」にするにしておけば、自動対応なので大丈夫だと思います。※通常は初期状態でスマホ表示対応になっています。

Jimdoユーザー以外の方で、「ちょっと心配」という場合は、下記のサイトでユーザーフレンドリーのテストしてみてください。

Googleウェブマスターツール ユーザーフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

これだけスマホユーザーが増えてきた状況を考えると、検索エンジンの評価に関係なく、モバイル対応はしておいた方が良さそうです。(モバイル対応に切り替えて、お問い合わせ数が増えたという例もあります)

既存サイトをスマホ表示に対応させたい!あるいは、ちょっと相談してみたいという方は、お問い合わせフォームからご連絡をください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です