面識のない人からの励まされたメッセージ

人生を重ねていくと、泣きたくなるほど励まされるできごとってあると思います。それも親しい人だけとは限らず、面識がない人の言葉で泣きそうになったり。

とあるセミナーで登壇したときのこと。

どの回も全力を尽くしているつもりではありますが、それでも当日やってみると「あれ?予想していた雰囲気と全然違う」と思うこともあり、オーディエンスの期待に応えられたかものすごく不安なまま終わってしまうこともあって、まさにそういう回がありました。

一人反省会をしながらの帰途で、面識のない方からメッセージをいただきました。
その業界ではカリスマで、パネラーとして登壇していた人だったのですが「(私の)セミナーを聞いた人が、ものすごくわかりやすかったと言っていましたよ」というコメントが届いたのです。



帰りの電車の中で、泣きそうになるぐらい励まされました。
本当にありがとうございます!

あの後、ちょっと苦手だった演目にも自信を持ってチャレンジできるようになりました。人の言葉ってありがたくて、大きい。

私もコッソリ誰かの力になれるよう、この出来事をペイ・フォワードしていきたいと思います!

ペイフォワード(ペイイットフォワード)とは?

ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語。または、多数の人物が親切の輪を広げていくための運動のこと。

引用元:
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です