デザインをプロに依頼することの素晴らしさを改めて

先日、とあるイベントに間に合わせるため、急ぎでA4チラシの作成をお願いしました。
デザインが素敵なのはもう、ほんと大満足なのですが、実は導線が一つ破綻している箇所があって、指摘してもらったんですよね。電話でごにょごにょ打ち合わせて、直してもらったのです!ほんと感謝!

12417700_1038330689562834_2830730663460700395_n

プロにデザインをお任せすると、自分が本来集中すべきところに注力できますし、何より「うちのチラシ、超素敵でしょ!プロに作ってもらったの♬」と、どんどん見せたくなっちゃいます。これってすごい効果ですよね。見てみて!って配りたくなるチラシなんですもん。

自作することを否定するつもりはありませんが(私も時と場合によっては自作するので)、それでも「ここはやはりプロで!」と思う自社の販促・広告に関しては専門家の力をお借りするのは、事業を運営していく上で大事な要素の一つであります。



人に任せる


ということ。
どこかのタイミングでこれができるようにならないと、いろんなことが頭打ちになってしまうんですよね。使った費用は、仕事をすれば取り戻せますが、時間は絶対に戻ってきません。

プロがプロに頼むのを不思議に思う人もいるようですが、「プロだから、プロに頼む」のです。何か変?

もう一つ。

「プロフェッショナル」と仕事をすると、いろんな面で勉強になります。仕事の進め方、ヒアリング方法等、専門家の皆さんはそれぞれ独自のノウハウと実績を持っているので。こういった制作物に限らず、たまに「質の高いサービスを利用する」ことはおススメです。(ホテル、レストラン、買い物などなど)

というわけで、おかげさまで、素敵なチラシが配布できました。ありがとうございます!プロの仕事って素晴らしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です