子連れ打ち合わせ、オッケーですよ~!

うちの子が小さい頃よりはだいぶ取り巻く環境も変わってきたなと感じますが、それでも、まだまだ子連れには寛容な世の中にはなってないなと感じることもしばしば。先日、ふと話題になったのは、子連れの打ち合わせは、アリかナシかという事案。

私は子供が小さいときに、「子連れで来ていいよ!」と言われ、何度か打ち合わせに赤子を連れて参加したことがあります。

もちろん連れていくには、連れていくなりの大変さはありますが、(特に遠くの場合、おむつ、離乳食、着替え、おもちゃ、ベビーカー、抱っこひも等々に加え、授乳ポイント、赤ちゃん用おむつ台がある場所のチェックは必須。)、それでも小さいうちは、子連れ打ち合わせは、ほんとに助かりました。

よく「預ければいいじゃん!」とおっしゃる方がいますが、預けるのも結構大変でして

●最寄りの保育園で一時保育はやっているか?
●希望日に空いている保育園はあるか?
●料金はいくらか?
●事前の面接(預けるのがたった1時間だとしても、事前打ち合わせが必要)
●契約書の締結(山ほどある保育園もある)

などなどの調査や準備が必要なのです。

公立園や認可園になると、最初に書類を7~8枚ぐらい出します。父親、母親両方ともが働いている証明も必要なので、会社員であれば、総務から必要書類を発行してもらうことになります。(一時保育でも必要)

その他、子供に関するヒアリングシート、健康チェック、アレルギーチェック、好きなおもちゃ、絵本、着替え、性格、緊急時の連絡先などの記載、当日の持ち物には全てに名前・・・・・・とまあ、たった1時間預けるだけでも、事前準備は膨大な作業に!荷物の一時預かりのように「はい、よろしくね!」とはいきません。

しかも、これだけ準備しておいて、当日子供が体調を崩したら、全部パァですからね。(という経験を実際にしました)

少々脱線しましたが、まだお子さんが小さい、でも軽作業ならやりたい!というウェブデザイン経験者さんがいましたら、うちは子連れ面接オッケーですので、お気軽にご応募くださいませ。(これを言いたかっただけ)

在宅ウェブデザイナーさんや、事務作業ができる方、絶賛大募集中です!
どんな小さな作りモノでも「自分の力で考え、提案できる人」だったら、とっても嬉しい。

ちなみに、一緒にお仕事をしてくれる外部スタッフの8割以上が、私とお仕事すると「勉強になる」と言ってくれます。報酬はあまりたくさん無いかも知れませんが、その分、何かしら得てくださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です