作りかけのページからお問い合わせ⇒即成約した話からわかった、情報設計と差別化の大切さ

現在作りかけのホームページからお問い合わせが来て、びっくり!という出来事がありました。しかもお問い合わせから即成約!

以前は別の用途に使用していたのですが、今はあまり使わなかったサイトを、ちょっとテコ入れしたんですよね。と言っても、現在提供しているサービスの一部をピックアップして、リスト化しただけ。バリバリ稼働中のサイトから、そのサービスについてお問い合わせがあったときに、「こんなのありますよ~」という回答用に作ったものなんですよね。

各サービスに対する詳細ページは、今後余力があるときに作ろ~なんて、のんびり構えていました。

うちで制作を担当したサイトの中で、作りかけの状態でもお問い合わせが来るサイトというのがいくつもありまして。Webサイトの情報設計って、一度覚えてしまえば一生ものだよなと実感しております。サイトのコンテンツだけじゃなくSNSとの連動も、あらかじめ設計してから動かすと、すんごく反応があって面白いんですよ!

⇒ 設計方法や成果の出やすい連動方法などのご相談はコチラへ

もう一つ大事なことは差別化です。情報設計の中に含まれる場合もありますが、やはり他社で扱っていない商材、希少なサービス、あるいは「他には無い売り」があると成果が出るのが早いです。

この辺のノウハウもいずれちゃんとお伝えできたらと思っております。

みんなで「伝わる」情報発信ができるようになって
届けたい人に、情報がきちんと届く

そんな社会づくりがShikama.netのミッションです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です