知らないと損をする!Facebookの「エッジランク」について

Facebookの投稿は、よく交流している人の投稿ほど表示されやすく、疎遠な人の投稿は表示回数が減っているということに気が付いていましたか?これ、Facebook独自のアルゴリズム「エッジランク」のせいなのです。

FacebookのNews Feedが個々のユーザに合ったコンテンツを見せるために使われるアルゴリズム。EdgeRank。
投稿した人との親密度、投稿へのLike数やコメント数、新鮮さなどから算出される。
この仕組みによって、Facebookでは、より親しく接している相手の投稿ほど自分のホーム上に多く登場するようになっている。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%C3%A5%B8%A5%E9%A5%F3%A5%AF

普通に使っている分にはそれほど意識しなくても大丈夫だとは思いますが、以下のような使い方をしている場合、エッジランクが下がる可能性があります。これが下がると、自分の投稿が、繋がっている人たちのタイムラインに表示されにくくなるので、ビジネス目的の人はご注意くださいね。

●投稿しても、ほとんど「いいね」がつかない
●コメントがほとんどつかない
●よその記事のシェアばかりになっていて、自分の意見を投稿していない
●リアルタイムな内容を投稿していない 等

上記はエッジランクを決める正式な定義ではありませんが、上述のように

●コミュニケーションに繋がっていない投稿
●ほとんど誰の役にも立たない投稿

を続けていると、反応する人が減ってきます。Facebookには、特定の人の投稿を「非表示」にする機能がありますので、これを設定されると、ますます友達に表示されなくなります。この辺を知っておかないと、やみくもに「友だち」だけ増やしても無駄なんですよね。

どのぐらいの人に届くか?反応があるか?等をあまり気にせず使っている人にとっては、それで良いと思いますが、せっかくやるのであれば、「エッジランク」の存在はちょこっと気に留めておくと良いでしょう。

Facebookのエッジランクは、「親密度」「重要度」「経過時間」の3つで決まる
http://socialmedia-rex.com/facebook-marketing-2/fbmarketing/1039

SNSの使い方などに不安がある・・・一度、きちんと設計方法を知りたいという方はお問い合わせくださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です