iPod タッチから容量が大きい録音音声データを取り出す方法

先日、とある講座を録音することになり、持参したiPod  touchでレコードしました。(私の場合、iPhoneだと容量が少ないので)80分近くの講座音声が、無事途切れることなく収まったのは良かったのですが・・・

PCに落とそうと思ったら、できないんですよ、これ。
USBで接続すると、iTunesが開くのですが、録音データを移動させるメニューが出て来ず。(いくつか調べてみると、ボイスメモを移すメニューが出てくるパターンもあるようなのですが)

・Airdropもなぜか繋がらず
・iTuneでも取り出せず
・容量が大きすぎて、メールでも送れない

うーん、これは困った。

いろいろ調べてわかったのは、1時間超えるものは、iTunesで取り出すことができないらしいということ。思いがけず、八方塞がり。結局Yahoo知恵袋で見たWindowsについないで取り出すソフトを2個ほど試して、ようやっと取り出し成功。

しかし、うまくいった「iFunbox」というソフトの画面で、中国語表示がちらっと登場するのが、ものすごく不安を醸し出しております・・・。(もちろん、セキュリティソフトでスキャンして安全確認はしましたが)

http://www.i-funbox.com/en_download.html

使い方はとても簡単。パソコンにUSBなどでiPod touch(iPhone/iPad)を繋いで、このソフトウェアで表示させるだけ。Windows エクスプローラー風に表示されるので、そのままアイコンをコピーすればOK。びっくりするほど簡単に音声を取り出すことができました。

その後、Dropboxにアップし、URLを共有にしてメール連絡。各自ダウンロードして聞いてもらうという流れで、無事うまく行きました。

パソコンに落とすのが前提なら、ボイスレコーダーの方が良いかも

ついつい手軽なのでiPod touchやiPhoneを使って録音してしまうのですが、ある程度のボリュームになりそうなもので、PCに落とすのが前提であれば、やはりボイスレコーダーの方が良さそう。

取材の仕事で必要になるので、実はボイスレコーダーも持っていたりします。私が使っているのは「OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek」のピンク。USBポートに直接差し込めるようになっているので、PCに直接つないで音声を落とすことができます。(USBの部分は、普段は本体内にしまわれた状態になっているので、ご安心を!)

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 2GB MicroSD対応 MP3/WMA LBL ライトブルー V-821
オリンパス (2014-01-24)
売り上げランキング: 7,956

ボタンが一杯ついていますが、基本は電源を入れて録音ボタンをONにするだけなので操作は簡単!単4電池一本で動くので、何かあったときにもコンビニなどで調達できるのが便利ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です