流行語大賞、過去10年を遡ってみてわかったこと

2016年の流行語大賞が発表され、いよいよ年の瀬も近づいてきた感がありますね。今年は「神ってる」が栄えある大賞を受賞しましたが、去年に引き続き「え?」という人も多かったのではないでしょうか。少なくともわたくしは、初めて耳にいたしました。

あれ?流行語大賞って「ダメよ〜ダメダメ」や「今でしょ!」みたいに、子どもから大人まで知っているような流行語が選ばれるんじゃなかったっけ?と過去10年、遡ってみてみました。

2016年 神ってる
2015年 トリプルスリー、爆買い
2014年 ダメよ~ダメダメ、集団的自衛権
2013年 今でしょ!、お・も・て・な・し、じぇじぇじぇ、倍返し
2012年 ワイルドだろぉ
2011年 なでしこジャパン
2010年 ゲゲゲの~
2009年 政権交代
2008年 グ~!、アラフォー
2007年 (宮崎)どげんかせんといかん、ハニカミ王子
2006年 イナバウアー、品格

wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%AA%9E%E3%83%BB%E6%B5%81%E8%A1%8C%E8%AA%9E%E5%A4%A7%E8%B3%9E

このうち、明らかに皆が知っている流行語だと思われるものは「ダメよ〜ダメダメ(2014年)」、「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」(2013年)、「ワイルドだろぉ」(2012年)、「グ~!」(2008年)、「(宮崎)どげんかせんといかん」(2007年)でしょうか。

スポーツ界から選ばれているのは「なでしこジャパン」(2011年)、「ハニカミ王子」(2007年)、「イナバウアー」(2006年)、そして2015年の「トリプルスリー」、2016年の「神ってる」

なでしこジャパンは、女子サッカーワールドカップ優勝という国民的偉業を成し遂げましたし、イナバウワーは、荒川静香さんがトリノオリンピックの女子フィギアスケートで金メダルを取ったときの技の一つです。ハミカミ王子は、ゴルフ界に現れた新星・石川遼選手を称した語で、国民的人気を博していました。いずれにしても「国民的」という言葉の中に含まれる方たちや団体が取っています。

2016年のノミネートは、聖地巡礼、トランプ現象、ゲス不倫、マイナス金利、盛り土、保育園落ちた日本死ね、ポケモンGO、(僕の)アモーレ、PPAP、そして選考委員特別賞として復興城主が選出。「神ってる」よりも耳慣れているものがいくつもあるではないか。

ところで、流行語大賞の選出基準って何でした?

あらためて、流行語大賞を主催しているユーキャンのサイトを参照すると、以下のようなことが書かれています。

この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。
1984年に創始。毎年12月上旬に発表。『現代用語の基礎知識』読者アンケートを参考に、選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。
http://singo.jiyu.co.jp/

2016年ノミネート語の中で、「広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語」が、例えば子供から大人まで知っていて、国民投票をすれば1位になりそうなものと勝手に解釈して選ぶとすると、「PPAP」もしくは「ポケモンGO」か。

ただ、この2つが「軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって」というところに該当するかは別です。だからと言って、今年選出された「神ってる」が選考基準に合致するとも思えず。2014年以前のものは、微妙なものも含まれているとはいえ、いずれも「広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語」に該当するものと考えると、ここ2年の迷走はどうしちゃったの?という思いであります。

1991年から1993年の間は、「新語」「表現」「流行語」「大衆」「特別」と部門が分かれており、それぞれに金・銀・銅賞がありました。これだったら、ある程度納得のいく選出はあったかも知れませんが・・・。政権交代や集団的自衛権という政治的なものも選ばれている年があるのも、興味深いですね。

つまり何が言いたいかというと

納得がいかねぇ!

この一言が言いたかっただけです。長々と失礼いたしました。
誰もが納得する選考理由を、主催者からお聞きしたいものです。

ちなみに、2006年流行語大賞の「品格」は、この年に発売された藤原正彦氏の国家の品格(新潮新書)が由来です。「女性の品格」(坂東眞理子著/PHP新書)、「男の品格」「親の品格」「会社の品格」「横綱の品格」・・・と「○○の品格」と題した本が立て続けに出版されるというムーブメントがありました。

「品格」本ブームが止まらない
http://www.oricon.co.jp/news/52005/full/

長々と書いてきましたが、去年と今年の大賞選考に関しては謎だと思われる部分が多く、まあいわゆる大人の事情みたいなものがあったりするのかなと推測せざるを得ない状況でありますね。2年連続で野球から選出とは・・・!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です