セミナー集客に確実に効く意外な方法とは?3つの準備をしよう

セミナーを主催されている皆さん、集客って大変ですよね。私もときどき自社主催、あるいは共催のセミナーを開催することがあるので、時と場合によっては苦労することがあります。

さて、皆さんセミナー集客ってどんな方法で行っています?

・ブログやホームページへの告知
・メルマガ
・SNSでの告知
・Facebookイベント
・セミナー告知用ポータルサイトへの通知

など、ネットを活用している方なら、このような方法があるでしょう。ネットを積極活用していない人は、チラシを作って配布でしょうか。業態によってはDMや電話が一番効果があるというケースもありますね!

セミナー集客で確率のよい意外な方法とは

私の場合、ネットで告知するのはもちろんですが、意外と効くのが「直接のお声掛け」。もちろん誰れかれ構わずではありません。興味がありそうな人に「どう?」と声がけするのですが、これが結構確率がいい。

私と同じような特長がある人は、恐らく「クロージング」が得意な人だと思うので、セミナー集客をする際には、次の3つを心がけておくと良いです。

(1)セミナー開催が決まったら、できるだけ早めに告知する

どんなに短くても告知期間は、40日程度は欲しいところ。直接人と会ったり、何かのイベントに出て告知したりする機会を作るためには、このぐらの期間は必要です。(と言いつつ、実際には20~30日程度しか確保できないことも多かったりしますが・・・自戒をこめて)

(2)チラシを作っておく

直接誰かに会ったり話をするときには、ウェブよりもチラシの方が有効です。パワポやWordで作った簡単なものでもいいので、用意しておきましょう。

おすすめは、アスクルの無料テンプレート。
https://ppon.askul.co.jp/

セミナーやイベント関連のテンプレートも豊富で、無料。なんてありがたいサービスなんでしょう。急いでいるときは、チャチャッと30分ぐらいで作成しちゃいます。(告知期間内に、大きな場で配る機会があるのであれば、事前にデザイナーさんに依頼して、ちゃんと印刷屋さんに持っていくことも。)

Web上に告知場所があることも大事ですが、中には何枚かチラシを持ち帰って配ってくれる方もいるんですよね。リアルの口コミ、とってもありがたいです。

(3)興味がありそうな人と会う機会を作る

不特定多数でもいいし、特定の人どちらでもよいのですが、人と会う機会があったらチラシを渡したり「こんなの興味ありますか~?」と聞いてみましょう。何かのイベントに出席するのであれば、その場で告知できるかどうか主催者に聞いてみるのもGood。(もちろんイベント主旨と親和性があるかどうか、競合しないかどうか等、考えて打診してくださいね)

ということで、リアルでお誘いした人の方が集客確率がよいケースもあるんだよ、というお話でした。ホームページ、ブログ、SNSなど一生懸命やっても、なかなか集客できない方は、一度こうしたリアルの部分を見直してみると良いかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です