paypal決済を導入する場合、paypalアカウントがない人でも支払いができるようにする方法

paypal決済は、個人の事業でも導入しやすいため、クレジットカード決済をサービスに付属させる場合にはおすすめすることが多いのですが、基本的に支払う側もpaypalのアカウントを持っていないと使用できません。

しかし、別途「ウェブペイメントプラス」というサービスを使えば、paypalアカウントを持っていない人に対しても、クレジットカードでの決済請求ができるようになります。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/developer/standard-service/wpp
月額3000円かかるんですけどね。

顧客層が、どうしてもpaypalアカウントを取るのが難しいようであれば、月額費用はかかりますが、こういったサービスを導入するのも一つの手ですよね。

お一人さま起業や小規模事業主にとって、業務の効率化は至上命題。ちょくちょくカード決済を使うのであれば、費用はかかってもこういうサービスを導入した方がトータルでコスト削減に繋がったりすることも。

どうしても有料プランにしたくない場合

どうしても有料プランにしたくない場合は、購入者にpaypalアカウントを取得してもらうよう促すしかないのですが、決済する側は無料で取得できるんですよね。なので

  • 取得することに関しては費用がかからないこと
  • 取得するメリット(今後、別のサービスにも使えるよ)

などを説明した上で、paypalアカウントの取得方法などを簡単に説明したページを作っておくとよいでしょう。

えっ、面倒だと思った?
だったら、月額3000円を支払ってウェブペイメントプラスにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です