平昌五輪<2018>を勝手に総括 ※個人用メモ

今頃な話なのだが、平昌(ピョンチャン)五輪2018の総括をしておこうと思う。ひっそりと。適当にまとまりなく、思いついた順に。

スキージャンプ女子、高梨沙羅選手のメダルに涙

高梨沙羅選手は、正直もうジャンプが嫌いになったのではないかと思っていたので銅メダルを取って嬉し泣きしているのを見て、ものすごーーーーく嬉しかった。高梨選手は、ちゃんとジャンプと向き合っているし、周囲の期待にも応えようと頑張っていた。

ちなみに女子ジャンプは、たまたまNHKでやっていた事前の密着番組で、その過酷なトレーニングの様子を見ていたので、感動もひとしお。メダルには届かなかった伊藤選手も、女子ジャンプキャンプチームのムードメーカーとして皆を牽引していたのが印象深い。あの番組はもう一度見たい。

初めてちゃんと見たカーリング女子

そのビジュアルの可愛さや、もぐもぐタイム、「そだねー」の掛け声が話題になっているが、銅メダルを決めた直後の本橋さんのインタビューで「カーリングは4年に1度のスポーツではない」「まだまだ認知が足りていない」と言っていたことが心に残る。この言葉はもっとメディアで取り上げるべき。

みんな普通の OL をしながら北見市内で練習をしているところを見ると、まだまだ支援が潤沢ではないことをうかがわせる。こうしたアスリートを支援するような制度がもっとあると良いのだけれどもな。

LS 北見の公式ページはこちら。
https://www.locosolare.jp/

スピードスケートでは小平選手の人間性に感服

スピードスケートには、メダルをたくさん取れたことも嬉しいけれど、小平選手の人間的な素晴らしさにも感銘を受けた競技であった。小平選手にはアンチが皆無というのは、本当かも知れない。

パシュート、 マススタートという競技は今季初めて知った。
オランダからコーチを招聘大正解だね。

フィギアスケート男子、女子

フィギュアスケート男子はもう文句なし!まさかフィギュアスケートでワンツーを取れる日が来るとは、夢にも思っていなかった。本当に生きててよかったと感じた瞬間であった。女子もメダルは取れなかったとはいえ、宮原知子選手も自己ベストを出したことだし、こちらもパフォーマンスに満足。著名選手の陰にひっそりと隠れるように演技していた「さっとん」が、あの小さなさっとんが、五輪に!勝手に感慨に浸らせてもらった。

宇野昌磨選手はジュニアの頃から華があって、ひときわ目を引く選手だった。この子は伸びそうだなと思っていたので今回のメダルは当然といえば当然な気も。

ほんとにワンツー、あったし!

張本さんは、皆川賢太郎に謝るべき

ピョンチャン五輪が始まる前に、サンデーモーニングで皆川賢太郎コーチがゲストに出たていた。その回では「冬の五輪競技はみんな大丈夫なのか」と半ば吊し上げのような状態で突いていたのが、不愉快であった。ゲストの皆川賢太郎コーチは、「まず高梨沙羅選手はおそらくメダルを取れるだろう」と、秘策があるからと。次にメダル総数を聞かれ、長野五輪かもしくはそれ以上行くと思うと話していた。レギュラー陣は懐疑的な目を向けていたと思うが、結果的には皆川賢太郎コーチの言うとおりになった。

あの時、吊し上げのようなことをした張さんや関口宏は、絶対に土下座して謝るべき。ちなみに、皆川賢太郎コーチは、NHKで五輪の解説を担当した上村愛子さんのご主人である。

指導者に投資するという選択

スポーツも音楽も、指導者の力というのは大きい。
コーチに投資するというのは、費用対効果の高い選択だなと改めて思う。

麻生財務相「コーチにカネかけた結果」五輪最多メダルに https://www.asahi.com/articles/ASL2W3DFLL2WULFA001.html 

資料:日本のピョンチャンオリンピックメダリスト一覧

https://www.joc.or.jp/games/olympic/pyeongchang/japan/winnerslist/

日本のピョンチャンオリンピックメダリスト一覧。入賞者も掲載されている。
メダルを取った選手ばかりが脚光を浴びているが、入賞者まで入れると、かなりの数になるのである。

アビスパ福岡、山瀬選手の父親がコーチ陣に

個人的には、この書き込みがそこそこシェアされてちょっと驚いていたり。山瀬選手の父上がバイアスロンの選手だったことは知っていたけど、今でもコーチとして選手をサポートする役割を担っているのだなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です