ココナラの利用規約改定でわかった「衝撃的なサービス」の中身

ココナラという、スキルを売買できるサービスがあります。テレビでもちょくちょく特集されているのでご存じの方も多いかも知れませんね。

実は私も、「買う」立場で何回か利用したことがあります。特に超予算がない案件(保護者会関連)で、お安くポスターなどをデザインしていただき大変助かりました。あって良かった、ココナラ!!ありがとう、ココナラ!!

⇒ SEO対策からロゴ作成まで全部500円から出来る

さて、そんなココナラから、規約変更のお知らせというメールが来ました。Webサービスを利用する際、サービス規約の改定というのはそれほど珍しい現象ではないので、いつもなら「ふーん」ぐらいで済ませてしまうのですが、今回の内容は衝撃的!あまりに驚いたので、ブログに書いておこうと思った次第です。

ココナラ規約の衝撃的な内容とは

ココナラの規約改定で次のようなサービスは出品・購入できなくなったそうです。それまでは出品・購入できたということですよね。

引用元:https://coconala.com/news/237

1. 今後は出品・購入いただけないサービス

《 対象サービス 》

(1) 「霊視能力を授けます」など、霊力・霊視能力などの伝授を目的としたサービス
(2) 第三者に呪いをかけることを目的としたサービス
(3) 不倫の成就、縁切りを目的とした施術、もしくはカウンセリングを行うサービス
(4) 病気、体の不調、妊娠など、体に変化を発生させることを明言、もしくは変化が起こることを購入者に期待させる可能性のあるサービス
(5) 仮想通貨・ICOに関するサービス
(6) サービスタイトル、内容に提供内容を具体的に記載していないサービス
(7) マルチ・ねずみ講・MLMなどへの勧誘が疑われるサービス

※上記、違反サービスを出品している場合、運営にて取り下げ処置を行いますので十分ご注意ください。

(5)~(7)あたりはある程度予想はできましたが、(1)から(4)は衝撃的!霊力、霊視、呪い、縁切り・・・おどろおどろしい単語が並んでいます。何より、そんなサービスが出品されていたとは全く知らず。

ずいぶん前に、既婚男性と付き合っている独身女性が、相手のお子さんの運動会や学校行事の日に雨が降るよう祈祷?する代行サービスがあると聞いたことはあったのですが、まさかこうしたスキル登録サイトにも出品されていたとは。

人を呪わば穴二つと昔から言われていますが、かなり衝撃の2018年・春でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です