「待ち時間」を有益に!病院での「2時間半待ち」を、自分史上最大限に有効活用した話

今日は、超個人的な話です。特に役立つことも、オチもありませんが、書いておきたかったので書きます。ただ単に「自分史上最大」って使ってみたかっただけの記事になっております。ご了承ください。

とある試験問題が意外と難しかった・・・

前日、とある試験を受ける予定になっておりました。参考書を見ながら回答しても全然オッケーなので「余裕!」と思っていたら、とんでもなかったのであります。

回答は選択肢になっているものの、テキストを横断的に見ないと答えられない箇所が多数あるし、よく読むと微妙な単語の違いがひっかけ問題になっているし、非常に脳みそに汗を書いた時間でありました。センター試験かよ!

待ち時間が長いのが逆によかった

結局、私が病院に行った日は、ものすごい混んでいる日で2時間半という待ち時間。しかし、試験問題を解くには十分な時間でありました。最終的には、95%程度を病院で片付け残り5%を自宅で取り組んで提出。無事合格いたしました。ホッ・・・!!!!!

通常待ち時間と言えば、本を読んだりスマホを弄って終わることが多いのですが、今までもっとも有効活用できた時間帯だったのではないかと、一人ひそかに満足しております(笑)

次はパソコンを持ち込んで仕事かな~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です