今こそ見ておきたいレトロなホームページ!阿部寛さん公式ほか3サイト+1

平成最後の夏も終わろうとしています。特にIT周りは、さまざまな進化を遂げた時代でしたね。そんな折ではありますが、未だに昭和のかおりが漂うレトロなホームページも現存しています。今日は、懐かしさ漂う3サイト(+おまけ)を紹介したいと思います。

阿部寛さんの公式サイト

ネット界隈で定期的に話題になるのが、こちら阿部寛さんの公式サイト。とてもレトロな雰囲気が漂っています。内容も更新されているし、管理者あてのメールアドレスも掲載されています。事務所からの協力を得て運営しているし、その他阿部寛さんのものと思しきサイトがないため、今のところこれが「公式」として世間に認知されています。フレームを使用。

以前、セミナーのネタとしても使わせていただきました!ありがとうございます。

http://abehiroshi.la.coocan.jp

株式会社ニューライフフジのホームページ

愛知県豊橋市にあるスーパーマーケットのホームページ。フレームを使って左サイドのメニューと、コンテンツ部分がしきられています。ホームページビルダーで作成されたと思しきサイトは、ところどころ画像や文字が重なってしまっている箇所があり、これもビルダーで作成されたサイトの特徴だなと懐かしく思い出しています。

http://www.newlife-fuji.jp

文字や画像が重なってしまうのがホームページビルダーの特徴…

ステーキハウス「ビリーザキッド」のホームページ

ホームページビルダー感満載のこのホームページは、「SHOPS」というコーナーがフレームになっています。アクセスカウンターのお出迎え、嬉しいですね。キリ番をゲットしたいものです。

http://www.billy-the-kid.co.jp/

SHOPSのコーナーにはフレームが使われています。右サイドバーが斬新。

http://www.billy-the-kid.co.jp/shop.html

各所レトロで、いろいろと見入ってしまう訳ですが、実はリニューアルした今風のページもあるんですよね。ですが「ビリーザキッド」と検索すると、レトロな方が上に来てしまうという。Google先生からの高評価を獲得している、レトロタイプのホームページはいつ消えるかわからないので、今のうちに見ておきたいところ。

こちらは新しい方のサイト。今風でオシャレな作りになっています。

http://www.billy-the-kid.jp/

余談ですが、東陽町店オーナーの倉田てつをさん(本名柿本哲夫)は、かつて仮面ライダーのヒーローだったそう。仮面ライダーBLACK役だったようです。

http://billytoyocho.web.fc2.com/billy-toyocho_about.html

おまけは、かつて人気を博した愛生会のホームページ

阿部寛さんの公式ページと並んで人気だった「愛生会」病院のホームページ。現在はリニューアルされてしまったのですが、かつての姿は、インターネットアーカイブに保存されています。ぜひ見てみてください。

子宮内の赤ちゃんの心臓が、どうなっちゃうんだろう!文字が潰れているところがちょっと怖いですね。


http://web.archive.org/web/20130515083615/http://www.aiseikai.or.jp/

その節は「検索してはいけない言葉」と言われていたことも。さて、そんな愛生会病院のサイトですが、今はとっても素敵にリニューアルされています。

これなら、診察を受けても大丈夫そうですね。サイトは、運営者の分身みたいなものなので、特に事業に活用する場合は、イメージがとても大事です。

とは言え、ニューライフフジやビリーザキッド(旧)のホームページも、ちゃんと伝わってくるものがあります。そして「Webあるある」なのですが、きれいなだけのホームページより、オーナー自身が一生懸命作った手作り感満載のサイト方が、コンバージョンが高かったりするケースもままあります。熱い思いが溢れて出てきて、見る人の心を動かしてしまうという。

ということで、平成最後の夏、今どき珍しいレトロな作りのホームページを紹介してみました。フレームを使ったデザインなんかは、一世を風靡したテクノロジーでして、私も会社員時代の制作時はよく使ったなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です