Panasonicのノートパソコン「レッツノート」は、軽くて丈夫で女性にもおすすめ!

1年半ほど前に、モバイルパソコンをMac book Airからレッツノートへ変えました。ウェブ業界では、レッツノートユーザーに遭遇する率は非常に低いのですが(ほぼない)、別の職種の方にとても人気ということを、とあるセミナーの仕事を通してわかっちゃいました。皆さんが持ち込んだパソコンの多くがレッツノート!嬉しいですね~。あえて書くまでもないのですが、クリエイティブ業界ではありません。


※思いっきりカスタマイズして、ネットで購入♥

ちなみに勝間和代さんやはあちゅう氏もレッツノートユーザーです。
「義母と娘のブルース」で、綾瀬はるか扮する宮本亜希子が使っているパソコンもレッツノートでした。

iPadやMac bookAir と重さを比べてみた

さて、そんなレッツノートですが、私は一番小さい機種を持っているので、とても軽くて持ち運びが楽です。750gなので、以前つかっていたMac book Air(1080g)よりかなり軽いです。家にあるiPadの第3世代がカバーをつけて800gですから、フル機能が備わっているレッツノートの方が断然軽い。なんと言っても、MS Officeが入っているし、タブレットに感じる機能制限のストレスがないので、外で長時間作業をしたいときにも便利です。

ちょいと身の回りにあるものの重さを量ってみましたので、何かの参考になれば幸いです。

【重さ比較】

レッツノート(バッテリーなし) 550g
  〃 バッテリーあり 750g
  〃 電源アダプター込み 945g
iPad 第3世代 650g
  〃 カバーあり 800g
Mac book Air 1080g
  〃 電源アダプター込み 1280g

どうでしょう?

持ち運びに便利ということでiPadやその他タブレットを使っている方も少なくないとは思いますが、結局ちょっとした作業をしようと思うと、キーボードが必要だったり、フルPCの機能が必要だったりしませんか?タブレットを持ち歩いている時代もあったのですが、やはり外出先でも作業を、と考えるとパソコンの方が便利なんですよね。

軽いけど、強いのがレッツノート

実は、愛機のレッツノートを2~3回落としています。しかもつい最近、カフェで思いっきり床に落下させてしまったのですが・・・大丈夫でした。全く動作に問題なし。レッツノートが選ばれている理由の一つに「丈夫さ」があります。

ということで、現在は「レッツノートを持っておでかけ」の形に落ち着いています。私が持っている機種はレッツノートの「CF-RZ6」。ホントにコンパクトです。一発で経費にしたかったので、30万円以内におさまるようにカスタマイズしました。赤い天板もさることながら、キータッチがなめらかで気に入っています。ノートパソコンを選ぶ時は、キーボードとの相性もすごく大事だなと思います。

そんなに連打したら、さすがに壊れる~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です