曼珠沙華を見に松戸市の「祖光院」へ

曼珠沙華、別名ヒガンバナが季節ですね。
首都圏の曼珠沙華といえば、埼玉県の「巾着田」(きんちゃくだ)が超有名。私も随分前に一度見たことがあります。それはそれは見事でした。曼珠沙華ってネガティブなイメージがあったのですが、印象が変わりましたね。鮮やかで美しい。

ただ、この時期の巾着田は激混みの噂があったのと、千葉からだと少し遠いこともあり、今回はGoogle先生に教えてもらった松戸市の「祖光院」へ行ってきました。


※イメージ素材

松戸市の祖光院は、知る人ぞ知る曼珠沙華スポット

車で行ったので、近くの駐車場にとめたのですが、電車だと最寄駅(新京成線常盤平駅)からは少し歩くようです。(15分程度)

お寺の敷地内のあちこちに曼珠沙華が咲き乱れており、想像以上に群生面積も広くて驚きました。少し枯れかけてはいたものの、その数は圧巻!巾着田ほどではないものの、ピークの時期には、とても美しいだろうと想像がつきます。

トリップアドバイザーにも、口コミが寄せられていますね。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g303151-d7112490-Reviews-Soko_in_Temple-Matsudo_Chiba_Prefecture_Kanto.html

今年はもう終わりですが、来年はピーク時に行きたいなあ。

彼岸に咲くからヒガンバナなんだよなあと改めて。湿った所に群生するんですよね。

松戸市の祖光院について

〒270-2251 千葉県松戸市金ヶ作352
新京成線 常盤平駅から徒歩15分ぐらい
※普通のお寺です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です