アメブロの集客力が弱まっている2つの原因と対策

長いことアメブロをビジネス目的で使っている方と

「アメブロの集客力って落ちてるよね」

と会話することが多くなりました。

かつて「アメブロバブル」と呼ばれた時代があったのを考えると、確かに今現在アメブロのビジネスユーザーの集客力は落ちている気がします。とは言え、まだ特定の業種では効力があると思うし、手軽に情報発信ができるアメブロは起業のアーリーステージで活用できる側面はあります。

私もアメブロに力を入れていたときは集客できていたし、「ホームページ制作」「ウェブデザイン」というニッチなジャンルでありながら、ブログ経由で月20件ぐらい新規の問合わせが来ていた時期もありました。

なので、アメブロを全力否定するものではありません。使う人次第であることは昔も今も変わらないと思っています。

>> アメブロを集客ツールとして使っていたときに、やっていた11個のこと

アメブロはSNSに近い。だったらFacebookやInstagramでいいよね?

しかし昨今、SNSが発達し、アメブロよりもっと手軽に情報発信ができるようになりました。つまり、アメブロユーザーの一定数がFacebookなどに移行したと考えて良いでしょう。

不特定多数に向けて、毎日文章を書き続けるのって大変ですよね。だったらFacebookで2~3行+写真(動画)の方が断然楽ですもんね。女性向けのビジネスだったらInstagramの方が人が集まるだろうし。

アメブロはもともとSNS的要素があるブログサービスです。なので、アメブロユーザー同士で記事を読みあい、コメントをつけたり「いいね」する文化がありました。一定数がFacebookやInstagramに流れてしまえば、交流する人数も、訪問者数、ページビュー数も当然減ってしまいます。

検索エンジンからの評価が弱まっている気が

もう一つ。アメブロが異常に検索に強い時期がありました。しかし、ここ2~3年、アメブロは検索エンジンに強いとも言えなくなっています。これも、アメブロの集客力が落ちている一因と考えられます。

実は、私も10年以上続けてきたアメブロを、今後どうしていくか検討しています。ピーク時のアクセス数の1/7ぐらいなんですよね。どう考えても、このWordpressブログの方がはるかにアクセス数が多いわけですから。

アメブロを続けるべきか悩んでいる人へ

アメブロを続けるかどうか悩んでいるというご相談を受けることがあります。そんな時は、さまざまな集客状況や、成果につながる各種資産を確認し、その上でアドバイスしています。(だから、アクセス解析は大事だよ!

やめてしまっても大丈夫な人もいれば、「早まるな!まだやめ時ではない」という状況の人も。また、安易に「アメブロを卒業してWordpressへ」の判断も危険です。

アメブロを卒業したら、次のステップは「WordPress(ワードプレス)一択」というおかしな風潮について

「辞めどき」の判断はなかなか難しいところ。「全く執着がなくなった」「気持ちが全然向かなくなった」「半年以上更新しなくても平気」という場合は、スパッと辞めても良いかもしれませんね。

運営について悩んでいる方は、まずはご相談ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です