知らないうちにAmazon Prime(アマゾン プライム)を契約してしまった人の解約方法

最近、やけにAmazonのKindle書籍が無料で買えるな~と思っていました。最初のうちは「ラッキー!」と思っていましたが、何度も続くとさすがにヘンだと疑わしくなります。

そこで自分の契約を調べてみたら、まんまとAmazon Prime(アマゾン プライム)の契約になってしまっていました。いつも書籍を購入するときは、Amazon Primeを契約しないよう細心の注意を払って購入ボタンを押すようにしていたのに・・・!

いつどこで押したんだろう?覚えておりません。どこかで、誤クリックしちゃったんですね。(誤クリックしやすい作りになっていますよね、あれ。本国では問題にならないのだろうか?)

Amazon Primeの解約方法

私の場合、まだ無料特典期間だったので、一度も会費を引き落とされていない状態ですが、知らずに入ってしまった人は1ヶ月無料期間が過ぎると、月額400円が引き落とされます。

それでも、映画を見たり以前のドラマを見たりする人にとっては楽しめるでしょうが、私は週末はサッカー観戦が忙しく、何度検討してもPrime会員になるメリットが見当たりません。(だから、Primeのボタンを押さないように細心の注意を払って買い物をしていた)

そんなわけで、すぐに解約方法を調べてみました。・・・と、前置きが長くなりましたが、AmazonPrimeの解約方法は次の通りです。

(1)Amazonにログインした状態で「アカウント&リスト」をクリック

(2)「アカウントサービス」の画面で「プライム」をクリック

(3)左下にある「会員資格を終了する」をクリック(わかりにくい場所にあり)

これでOKです。私も今月末で辞める予定ですが、終了期間までは無料のKindle版書籍がいくつかダウンロードできるようになっているので、ガンガンダウンロードしてからやめようと思います。

米国のAmazon Primeは、月額1000円ぐらい

日本のPrimeは月額400円程度ですが、アメリカだと1000円ぐらいだそうで。だいぶ日本ではお安く設定されているんですね。

今現在は必要がないのですが、送料有料のものが無料になったり、1時間以内に商品が届くPrime Nowが使えたり、音楽がたくさん聴けたり、映画がたくさん見れたりと、人によってはメリットがあります。
https://www.gadgetkaden.com/entry/amazonprime

私も今は必要がないものの、今後将来必要になったときは、改めて会費を払って契約をしようと思っていますが、その時も月額会費はすえおきでお願いしたいものです。

まとめ

Amazonで買い物をするときは、いたるところに「Prime」への誘導ボタンが潜んでいます。誤クリックしないように気を付けよう!ただし、間違えて入会しちゃっても、最初の1ヶ月は無料だからご心配なく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です