読んだ人がファンになってしまう「ニュースレター」のコツ

同業者さんから送られてくるニュースレターがあります。手書きで漫画が載っているのですが、ああいうのを作れる才能がホントうらやましい。

近況報告あり、ウェブ活用に関する大事なエッセンスあり。ちゃんと読者層が明確になっていて、その方たちが読んだら喜ぶだろうなという内容だし、ついつい反応してしまいたくなってしまう構成になっています。これを読んだら、ファンになっちゃいますよね。

同業者なのに、ちゃんと送ってきていただけるところがまた素敵。毎回、楽しみにしています。ありがとうございます!あと透明のA4封筒も、普通に郵便局で出せることを知りました。(条件はあり)

DMやニュースレター作成のコツ

集客や販促と言えば、おもにネット中心の仕事をしている昨今ですが、アナログなもののパワーも見落としては絶対にいけないと心しておかねばなりませんね。もちろんDMやニュースレターも「ただ出せばいい」というものではありません。

DMやニュースレター作成のコツ

・もらった側が楽しく読めるか
・読後にコミュニケーションが起こるか
・読者への特典はあるか

この3点がとても大事。送付側(会社も含む)のキャラクターが伝わっているか、読む側に語りかけているか、など受け取る側の立場に立って精査したいもの。

ちなみに3つ目の「特典」は、プレゼントを出すという意味ではなく「特別感を出す」という意味で列挙しています。つまり、このニュースレターは、特別な人に届く、あるいは他にない特別な内容が載っている、などそんなニュアンスです。

ニュースレターについてまとめ

受け取った人が喜ぶ内容であれば、結果的に成果に結びつきます。ホームページも同じですが、閲覧者の立場にたった内容の検討が大事ですね。

私もニュースレターをやろうと思いつつ、Canvaで何回トライしたかな・・・。完成作もいくつかあるのに世に出さなかったヘタレです。来年こそは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です