剥離骨折物語(7)

ただ今絶賛連載中の剥離骨折物語も、7話目まで来ました。

松葉杖をつく時には、脇の下ぴったりにつけてはいけません。

こぶし一つ空けるのが基本です。これマメ知識な。

月曜日は通院日なのですが、またしつこく先生に「松葉杖はいつ取れますか?」「ギブスはいつ取れますか?」「いつになったら足をつけてOKですか?」とか聞いて、「焦らないように」と諭されそうです。

せっかちなんです、わたくし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメント

  1. jun より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そんな大変な目に合われてたんですね~(>_<)
    相変わらずスピーディーにお仕事してくださってるから、全然知りませんでした~(T_T)
    今も痒さと闘ってます!?
    私が骨折したときは大昔なので、普通の石膏のギブスでした。だから乾くと隙間ができるんです。そこに割り箸突っ込んで、ガシガシ掻いてましたよ~。
    いまのギブスはフィットしてるから、できないかな?
    あ、でもギブス取った後は引っかき傷だらけでしたが・・・^_^;

  2. shikama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ご心配をおかけしてすみません!
    幸い仕事とPCライフは普通に出来ています。
    ギブスは足にフィットするプラスチック製なので、割り箸をつっこむスキも無いと言う感じです。(笑)
    今は痒みはおさまっていま~す。
    治ったら、またリフレお願いしまーす!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です