提案書はラブレターだ

名古屋の隅っこでWebデザインやってます。
先日、Webサイトの件でご相談をいただいた所へ提案書を送った。
そして思う。
提案書ってのは、クライアントへのラブレターだなぁと。
もっと良いサイトにするために、
 ・誰に何を訴えるのか
 ・何をサイトの着地点にするのか
を切々と書き上げる。
この夏ぐらいから、提案書を書いて提出することが多くなった。
その方が話が早いし、先方の可否のスピードも上がる。
そして、私の頭の中の整理にも役立つ!←コレ大事
特に会社組織だと、ホームページをやる・やらないを決めるのは担当者だけでは出来ない。目に見える形のものを作っておくと、見積もりオンリーよりも説得力が格段に上がるだろうし、何より担当者の社内での株も上がるだろう。
それにしても、毎回
 ・提案書や見積もり
 ・トップページのデザインを提出する時
を送る時は、何年やっていてもドキドキする瞬間だ。
飽きっぽい私がこの仕事を12年以上もやれたのは、毎回そういう新鮮な気持ちを得ることが出来るからでは無いかと思ったりする今日この頃。基本「ドM体質」ってのも大いにあると思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です