名古屋の喫茶店文化のルーツ

先日、ラジオで流れていたのですが、なぜ名古屋(愛知県)では「モーニング」と称して、いろいろなものが付いてくるのかと言うお話。
愛知県は、豊田織機に代表されるように、元々繊維業が盛んなところ。
関連の工場もたくさんある訳ですが、商談や打ち合わせとなると、機械の音がうるさ過ぎて、ゆっくり話しが出来ないところも多いと。
そこで、外に出て喫茶店で打ち合わせをする人が多くなり、喫茶店文化が発達し、競合が増える中での差別化を模索した結果、モーニング文化が発達したと言う訳です。
ただ、一人当たりの喫茶店利用率は愛知県は2位。では、1位は
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
岐阜県でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です