Webサイトとは、やっかいで手間のかかる女と一緒

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-774.html
こちらに下記のような一節が登場します。

Webサイトとは常にかまってやらなければならないやっかいで手のかかる女と一緒。
でも本気で愛情を注ぐと、そこらへんの女よりも明らかに魅力的になり、現実の女なんかよりはるかにかわいくてたまらなくなる。そして愛情を注げば注ぐだけ、かなり高い確率で見返りをくれる。
いいか?
制作者に愛されてないWebサイトは、愛されているWebサイトに逆立ちしても勝てん。どれだけデザインがすばらしかろうとも、しっかり愛を注ぎ続けられているサイトより愛が足りなければ負ける。
失敗したWebサイトは単に、お前さんの愛情が足りなかっただけ。マーケティングのせいにするのは男じゃねぇなぁ。

私もその通りだと思います!
Webサイトは作って終わりではなく、愛情を注いで育てていくもの。
そしてきちんと見返りをくれる。
「仏作って魂入れず」と言う言葉がありますが、それではWebサイトが「生きたもの」になりません。
とは言っても、ホントの本音は「手をかけずに育ってくれたらな…(ぼそ)
そんなサイトが一個ぐらい欲しいと思うときもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です