40歳の教科書 ~親が子どものためにできること~

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編/著者不明
¥880
Amazon.co.jp

読了!
・英語はいつから学び始めるか?
・中高一貫校は幸せへのプラチナチケットか?
・「お金」と「仕事」をどう教えるか?
・挫折や失敗をした子どもにどう接するか?
の4つのテーマに関して、14名のスペシャリストがそれぞれの見解を答えると言う内容。
とくに心に残ったのは、「お金と仕事をどう教えるか?」の章での西原理恵子氏
「自由と責任は有料」
「夫婦は戦友であるべき」
と言う行。この2つには大いに納得。
この人、良いか悪いかは別として、お金に関する考え方にブレが無く、清々しいほどに一貫していますよね。確かにお金がないと、選択の自由が狭まる!それが現実。
実は先日、親戚(20代半ば、工学系の大学院卒)の就職相談を受けたのだが、まあとにかく条件やら好みやらいろいろとあって
ヽ(`Д´)ノ そんなんじゃ、一生仕事できねーだろうが~~~!  ←ブチ切れそうになるわたし
って思うような会話になってしまいました。
まずは、バイトでも何でもいいから稼いでから言ってみろ~と、心の中で叫んでみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です