番狂わせが起きにくい理由

サッカー天皇杯のレギュレーションが、変わりました。
今季は2回戦目から、J2チーム&地域を勝ち上がった一般チームと共に、J1も登場することになりました。
名古屋の隅っこでWebデザインやってます。
で、天皇杯当日、サイトなどで調べてわかったのですが、一般チームって1回戦目から「中1日」でJチームと当たっているのですよ。プロだって中1日なんて、そうそう無いのに…!
更に更に一般チームは、Jチームのホームまで遠征をしなければならないと言うハンデ付き。(一応、地域的には近いところ同士が当たってはいますが)
毎年天皇杯と言えば、時期ももう少し後で(11月~12月ぐらい)
 ・昇格がかかっているところ
 ・残留争いをしているところ
「正直、今は天皇杯どころじゃない!」状況に陥っている場合が多く、こう言うチームと当たる一般人チーム(社会人、実業団、高校、大学等)は、結構Jチームに勝ったりする事があるんですよね。
これが天皇杯の醍醐味の一つになっているのです。
プロとアマチュアが、ガチンコで試合をする年に1度の機会の楽しさ。
新レギュレーションは、天皇杯をつまらなくさせてしまった気がして、ホント残念。
とか言いつつ、私が応援しているコンサドーレは来月、瑞穂市陸で名古屋グランパスと当たりますので、見に行こうかな~と画策中!本気で「ジャイアントキリング」狙ってますよー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です