ネット上のパスワードが8文字以上の理由

千葉の東京寄りでWebデザイナーやってます。

ネット上のパスワードが8文字以上の理由
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1215651172555.html

上記の記事によれば、4文字、6文字、8文字で、組み合わせ数が全然違ってくるわけですね。

例えば4文字だと、考えられるパスワードの種類は40の4乗で256万通り。6文字なら約41億通り。一見、途方もない数のようにも思えるけど、コンピューターで比較的簡単に解析されちゃうらしい。相手はパスワードを解析するソフトを駆使して、見破ってくるからだ。
でもパスワードが8文字なら、全部で約6兆6千億通り。こんな桃鉄の世界でしか経験したことがない桁数だと、さすがに解析するには相当な時間がかかる。つまり、適切なパスワード設定をすれば破られない文字数が、8文字以上だったのだ。

単純に「長くすればいいじゃん!」と思うのは早計で、今度は覚えにくくなると。8文字程度の長さがバランスが良いのだそうです。
そう言えば、以前、
「あなたは大丈夫? 使ってはダメなパスワードランキング」
http://ameblo.jp/shikama/entry-10779340830.html
と言う記事をアップしたのですが、確かに2位のpasswordなんかは、デモサイトなどで見かけたり。(デモ用のサイトなので、この場合はわかりやすいパスワードでも問題はないのですが)
あまり見たことのないつづりもあったのですが、アメリカのドラマ(映画?)に出てくる人の名前だったり、シーンの中で使われていたパスワードがあったりするようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です