人生、たいがいのことは「為せばなる」。弱音は吐かない、言い訳しない


※上杉神社の素材がなかったので、憧れの厳島神社を…

座右の銘は「為せば成る」です。

もともとは、

為せば成る
為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり

と言う米沢藩第9代藩主・上杉鷹山(うえすぎようざん)の言葉であります。
長いので、一行目だけ使わせてもらっています。
意味は各人ググッてみてね。
(文字通りだから検索の必要もないと思うけど)
そんな鷹山の言葉を受け、
仕事の場面では、
「弱音は吐かない、(プロなら)言い訳しない!」を信条に、2002年から独立して今までやってきました。(そうは言っても、たまに弱音を吐いたときはあるかも知れませんが)
最近、もろもろ考えさせられることがあり、今一度自分に気合を入れなおすためにも、ここで再度自分にコミット!
弱音は吐かない
言い訳しない
そして、たいがいのことは
「為せば成る」
だよ。>自分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメント

  1. ちだ@時間泥棒 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    でもパンクしないでね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ちだ@時間泥棒さん
    ありがとね!
    頑張りすぎるイタイ人だよね、私。

  3. ぶぅ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もこの言葉好きです。『為せば成る』。全てはやってみなくては分からない。やってみて始めて納得できる。何かを始める時は、不安はつきものだけれど、『為せば成る』で挑戦続けたいと思うし、努力し続けようと思います。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ぶぅさん
    初コメントありがとうございます!ぶぅさんも好きな言葉だったんですね。嬉しいです。
    ついつい後ろを振り向いてしまいがちなとき、足を踏み出すのが怖い時、私もこの言葉を思い出します。(あと、だらけているときとか(笑))

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です