「おうちでできるえんげ食」が発売されました!

こちらお客様が出版されたということで、いただきました!
日本初の「嚥下(えんげ)食レシピ本」です。

enge__

「嚥下」って聞きなれない方も多いかも知れませんが、ご存知ですか?

嚥下とは

〈えんか〉とも読むが,医学的には〈えんげ〉という。食物を口腔から胃まで運ぶ運動(のみこみ運動)。口腔相(随意運動),咽頭相,食道相(ともに不随意運動)に分けられる。まず口腔内の食物を舌の上に集め,後方(咽頭)に送りこむ(口腔相)。食物が咽頭内に入ると,反射的な筋収縮によって鼻,口,耳への逆流が防がれ,声門も閉じて気道に入りこまないようにする(咽頭相)。同時に喉頭が舌骨に引きつけられるとともに舌骨も前上方に動く。

コトバンクより http://www.ryukakusan.co.jp/promotion/index.html

飲むこむ力のことなのですが、高齢になるとこの力が弱まってきます。
先日も講演会で、元気で長生きをするためには

●自分の歯でかむこと
●自分の足で立って歩くこと
●誰かの役に立ちながら生きがいを持って暮らすこと

の3つが大切だというお話を聞きました。
どうしても噛む・飲み込むができなくなった場合「胃ろう」をつけるという方法もあるのですが、最近はそれを回避しようという動きもあるようです。数年前に他界した母も最後は「胃ろう」をつけていて、二度と自力で「噛む・飲むこむ」は無理だと思ったものですが、下の記事を読むと回復するケースもあることがわかります。

胃ろう回避へ口腔リハビリに注目
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140125/ecb1401251540002-n1.htm

えんげ食は、離乳食と似ていますが、ポイントは

●美味しいこと
●少ない量でも栄養がきちんととれること

だそう。
こちらの本は、目で見てもすごく「美味しそう」なので、オススメです!

おうちでできる えんげ食 (ナース専科BOOKS)
エス・エム・エス(インプレス)
売り上げランキング: 53,233
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です