馬車馬のように働く3年間があってもいいじゃないか

起業という言葉も珍しくなくなった昨今、ノウハウ系も世にたくさん出回るようになりましたね。起業の始め方や入門編だけじゃなく、

●うまく起業する
●スムーズに稼げるようになる

という応用系もよく見かけるようになりました。中にはまともなものもあるけれど、ジッと見ていると「きわめて再現率が低そうなノウハウ」を売っているところって、たくさんあります。もちろん、最初から上手くいくに越したことはないかも知れませんが、個人的にはそのようなノウハウに頼らずに、3年間は何も考えずに、がむしゃらにひたすらに突き進む時期があってもいいんじゃないかな~と思ったりもします。

どんなに素晴らしいノウハウがあったとしても、結局行動するのは自分しかいないし、自分の事業は自分で推進していくしかないですよね。誰かのやり方が、自分に当てはまるとは限らないし。

私も独立したばかりの頃は、たくさん壁にぶつかり、時には転んで痛い思いも、泣く思いもたくさんしました。失敗談だけでセミナーが開けるぐらいネタはあります!そうして身に着けたものって、一生の財産だし尊い経験です。そのような3年間を通して

●怪しい人の見分け方
●自分に合っているお客様の見分け方(業種も)
●ブレない心

などが、ガッチリ身につきました。(その他にも、いろいろありますが)

特に怪しいコンサルの見分け方には定評がありますので、迷ったときはご相談ください。「なぜ、人を見抜けるのか?」「なぜ、ブレないのか?」と聞かれることがありますが、この馬車馬のような3年の成果でございますよ。

そういえば先日こんな記事が話題になっていました。

【ガチ取材】高額起業塾セミナー受講でわかった「怪しいビジネス」見分け方。
http://nostalgicbike.com/nostalgic/post-5613/

もちろん、人のアドバイスは聞くなという意味ではありません。

世に出回っているノウハウやセミナーで聞いたことは参考程度にして、あとは自分の力で進んで行ってくださいね、という意味です。

ということで、「失敗したくない」と思うあまり、周囲のノウハウに振り回されている方を見かけたりするので、ちょっと書いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です