サポーターの躍動を電力に

最近、サッカー関係のネタが多くてスミマセン!
待ちに待った開幕だったもので…。

神戸のホーム側に床発電を導入。

と言うニュースがありました。
テレビでも見ました。面白い試みだな~と。
そう言えば、首都圏では子育て中のママさんは昼間チャリで移動する人が、とても多く(車に乗る人が少ないのですよ)あの漕ぐエネルギーをみんなで蓄積したら、どのぐらいの電力になるんだろう?と考えたことが、かつてありました。(勝手に)名づけて「ママちゃり発電」
ライトをつけるぐらいの軽い抵抗力で、蓄電できるような小さな装置をつけて、昼間の漕ぐパワーを電力として貯める…やっぱりいいかも!エコや節約に敏感なママさんなら導入してくれるハズ!この件に関して、関連企業さまからの方のオファー、心よりお待ちしております!(笑)

サポーターの躍動を電力に ヴィッセル神戸ホームに床発電を導入
 J1サッカーチーム・ヴィッセル神戸を運営するクリムゾンフットボールクラブ(神戸市)と楽天は3月3日、床発電システムを利用し、サポーターの応援を電気に変えて試合中に使う「楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト」を始めると発表した。
 3月7日のJ1開幕戦からスタート。ホームズスタジアム神戸のサポーターズシートの一部に床発電システムを導入し、サポーターの振動を電気エネルギーに変換し、試合時の電力として活用する。「サッカーの応援で特徴的なジャンプの振動により発電を行う、サッカー観戦ならではの試み」としている。発電量はスタジアム内のパネルでも表示する。
 床発電システムはジェイアール東日本コンサルティングが開発したもの。スポーツ観戦での導入は初という。
 神戸市と連携してごみの分別回収や地域の清掃活動なども実施する。プロジェクトは東北楽天ゴールデンイーグルスのエコ活動をモデルに、楽天が提案したという。ヴィッセル神戸は楽天社長の三木谷浩史氏が個人としてオーナーになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    これはすごいですねっ(´ψψ`)
    ものすごいエネルギーが集まりますよねっ!
    どれくらいの成果があげれたかも知りたいですねo(^∇^o)(o^∇^)o

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >名古屋主婦☆のん☆さん
    良い試みだよね。以前、都内の駅の改札にも試験的に同じような装置を導入した話もみたな~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です