生まれてはじめての「宝塚歌劇」鑑賞 ~眠らない男 ナポレオン~ 星組公演

ついについに、わたくしも禁断の世界(!?)へ足を踏み入れました。
観劇したのは「~眠らない男 ナポレオン~ 星組公演」です。
写真 2014-02-22 20 16 36

初めて宝塚ということで「服装は?」「観劇中のお作法は?」「持参した方がよいグッズなどは?」等々、事前に調べつつ臨むこととなりましたが、結論を言えばいたって普通です。他のコンサートや観劇と変わらないので、これから行かれる方はご安心を!ドレスを着ていかねばということもございません。

会場についてまず驚いたのは、管楽器のチューニングをしていたということ。まさかの生演奏!10人ぐらいのバンド編成でありましたが、ちゃんと指揮者もいました。

そして、肝心の本番ですが、とにかく衣装が豪華絢爛!テーマはナポレオンでしたが、憧れの「ベルバラ」の世界が目の前に広がっているではありませんか。同伴した友達が「少女漫画を読んでいるみたい」と言っていましたが、その通りだと思います!

セットも、場面ごとにクルクルと変わっていくし、専用劇場じゃなきゃ実現できないような仕掛けが随所に見受けられました。ストリーテラーがいるので、お話もわかりやすかったです。よく考えたら、ナポレオンに関する知識って断片的なものしかなく、世界史のほんの一部ではありますが、「欧州戦国時代」みたいなところを時系列で垣間見ることができました。

トップスターの柚希礼音(ゆづきれおん)さんがナポレオン役だったのですが、さすがに声量も表現力もズバ抜けていて、女性であれだけ低い声が出るのもすごいなぁと、終始圧倒されました。(当然ですが、口パクなどであるはずがなく)

しかし、初心者である我々は、一通り全幕が終わったあとの「フィナーレ」の楽しみ方がよくわからず。(ずっとダンスが続いていく)どなたか解説求む!

実は今回、ワイズマートというスーパーマーケットのお得意様優待キャンペーンに申し込んだら当選したチケットでして(8000円⇒3000円になるチケット)、会場はワイズマート関係者&当選者で貸切だったこともあり、私たち以外にも初心者が多いという印象でした。コアな方達が来ている回だと、もう少し会場の雰囲気も違ったかも知れませんね。

そうそう、会場の外には出待ちの方達がいまして、それぞれお目当てのスターごとに固まって、お揃いのマフラーやポンチョなどを身につけていたのが印象的でした。そして、宝塚ファンの行動も、我々サッカーファンの行動も、本質は同じだなぁと、一番知りたかったことに触れることができて、大収穫の一日でございました!ワイズマートの社長、ありがとうございます~~~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です