フリーのWeb制作者は、今後いらなくなる日が来るのかも

GREEN_TA20140125500[1]

朝・・・・・・・?なの・・・・・・・?

Web業界のフリーランスの未来について、ふと考える機会があった。

仕様通りで、かつ「いい感じ」に作ってくれる人だったら、クラウドワークスやランサーズで探せるんだよね。しかも安い。わたし達の競合は、同業他社ではなくクラウドソーシングなのではないかと。

そんなことを考えていた折、Wordpress関連でとっているメルマガでIT化が進むと仕事がなくなるという話を読んだりして、ものすごいシンクロ感。
http://asread.info/archives/189
ちょうど今が過渡期なのかも知れない。

だから、わたしたちの仕事は「作るだけ」ではダメで、お客さまの事業に関与したり、売り上げを上げるお手伝いまでやれた方がよいに決まっている。その辺の提案とアクションができないと、淘汰されていくんだろうな。

例えば、私はWebサイトからの集客も、かなり重要な営業のウェイトを締めていて、サイト経由で成約した案件が結構な売上になっている。ただ、クラウドソーシングが発達すると、現在のネットショップのような構図になってくるのではないかと。

・楽天ショップ、Amazon = クラウドソーシング
・自前のネットショップ = 私のように独自ドメインで自力集客する人

という感じでしょうか。(もう、こんな風になっているのかも)
そうなると、探す場所が変わるだけで、フリーのWeb制作者がいらなくなるということには、ならないのか。

いずれにしても、作る以外の何かしらの強みがないと難しいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です