「はやぶさ2」の打ち上げを、千葉市科学館で予習してきました。

hayabusa2

本来であれば、パブリックビューイングという形で、千葉市科学館で「はやぶさ2」の打ち上げを見る予定だったのですが、残念ながら延期。しかし、はやぶさ2に関するビデオが、プラネタリウムで見れるというので、予定通り行くことにしました。

場所を見てびっくり。「きぼーる」(千葉市内の複合施設)の上にあるというではありませんか。きぼーるは、仕事で行ったことがあったのですが、上の階が科学館になっているとは、全く知らず。すんごく驚きました。

さてさて、初体験の千葉市科学館ですが、結果は行って、大正解!
はやぶさ2が何なのか、ようやっとわかったり、宇宙へ行くのは思いのほか大変だとわかったり、三菱重工のロゴがしっかりとついていることがわかったり、はやぶさ2への理解が一気に進みました。(遅い!)

最も心が震えたのが、打ち上げてから半年か1年後ぐらいに「スイングバイ」と言って、はやぶさ2が軌道を変えるという話。それまで地球に沿って動いているのを、目的の惑星の軌道に乗り換えるという大仕事があるのです。そのGG映像を見ていたら、鳥肌が立ってしまいました。

すっかり「はやぶさ2」&日本の科学技術のにわかファンです。
⇒ はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査

ただ、映像が迫力があり過ぎて、360度動くプラネタリウムの画面で見ていたら、若干気持ち悪くなったことは秘密です。ちょっと目線をずらしながらじゃないと厳しいですね、あれは・・・。(10月に設備をリニューアルしたらしい)

ちなみに、千葉市科学館では、科学に関するいろんな展示があり、どれも体験型なのですごく面白いです。映画を見ながら、部屋においてある小道具を使って効果音をつけていくコーナーがあったのですが、小さい頃から一度やってみたいと思っていた「波の音」が、思いがけない形で実現できて感動!小豆が入った四角い籠を揺らすアレですよ~。大絶賛されるほど、本気を出してしまいました。

大人も子供も楽しめる科学館、おすすめです!

千葉市科学館
http://www.kagakukanq.com/

千葉県千葉市中央区中央4丁目5番1号
複合施設「Qiball(きぼーる)」内7階から10階

小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション (ブルーバックス)
小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦 ~生みの苦しみ乗り越え、ついに旅立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です