アメブロを集客ツールとして使っていたときに、やっていた11個のこと

アメブロの更新頻度を落として、早●ヶ月・・・いや●年。以前は、きちんと「このブログで集客する」という明確な意図をもって運営しておりましたが、今は、告知ツールとしてしか使っていません。というのも、2つのホームページの方が圧倒的に仕事に結びつきやすいから。(その代り実験段階ではありますがWordPressの更新頻度を上げています)

現在、アメブロは各運営サイトへの「ハブ」という位置づけで使っています。SNS的な位置づけに近いかも知れません。

アメブロを集客ツールとして活用するための11のコツ

そんな私が、最も集客ツールとして使っていたときにやっていた11個のことを紹介します。集客も去ることながら、人脈も拡大して、明確な意図をもって取り組めば、ツールというのは応えてくれるものなのだな、とネットの大きな力を思い知った頃でもありました。

1. ブログのタイトルに検索されそうな語句を入れる
2. ニックネームは、何の仕事に従事しているのかが一瞬でわかるものに
3. プロフィールページを整える(お問い合わせが来そうな内容にする)
4. 記事には、必ず写真を一枚入れる
5. 記事タイトルには、検索されそうな語句を入れる
6. 記事を書くときに身近な誰かを思い浮かべて書く(見込み客に近い人がベスト)
7. とにかく更新する(今は中身もないとダメ)
8. 読者登録をする(これ無しでのアメブロの発展はありえません)
9. ホームページへのリンクを貼る
10. 紹介し合う(ブログをやっている人同士で紹介し合う)

実際にこの内容でセミナーもやったことがありますし、受講生さんの中には、いきなりアクセス数が倍になった、あるいはお問い合わせが3~4倍に増えたという例があります。アメブロからうまく集客したいという人は、ぜひ取り組んでみてください。

そして、最も力を入れたのが

11.毎日更新する

ということ。今は毎日更新している人は珍しくないかも知れませんが、当時は「毎日更新している」というだけで大きな差別化を図ることができました。

「(ブログの更新は)どうやったら続くのですか?」と聞かれることがあるのですが、発想が逆です。

・毎日更新すると決める(まずは決心してください)
・そのために何をするか考える

「まずは決める!」という発想はブログ以外にも応用できます。人生すべてに応用が利く考え方なので、ぜひ覚えておいて!(「何をするか」の詳細は、また別途)

そうは言っても、やはり無料ツールは危険な面も

ただし、無料ツールのみに集客依存をするのは、とても危険です。
アカウントが削除された例もありますし、ある日突然サイバーエージェントが「個人向け無料ブログは一切やめます」(芸能人と有名人アカウントだけ残す)と発表しても、文句は言えません。現にわたしは、ブログがまだ「日記ツール」と呼ばれていた頃、システム提供元がサービスを停止してしまい、4つほどの別サービスをジプシーして、そのたびに移転して大変な思いをしたことがあります。

今は大手は安定運営しているようですが、いつまたそうのようなことが起こるかも知れません。ネットの集客リソースは複数持っておくことをおすすめします。(ある程度アメブロで上手く行くようになったら、livedoor,FC2へ移転、WordPressとの並行運用など)

と、いろいろ書いてきましたが、アメブロ集客については、たくさんの人が語っているし、専門のコンサルをしている人いるし、本も出ているし、なんか「今さら感」がありますが、基本を押さえず、ただただ漠然と記事を更新している人も結構いて、もったいない気がしたので、書いてみました。

【関連記事】

2秒でわかる!アメブロの「いいね」を増やす、たった1つのコツ
更新頻度を落とすことですね! トップページに長く留まっている記事ほど「いいね」がつきます。 ※Facebookのいいね!のこ...
Jimdoのブログとアメブロは、どちらがSEOに強いですか?
時々いただくご質問の中に、「Jimdoブログとアメブロ、どちらが検索(SEO)に強いか?」というのがあります。(これにWordPre...
アメブロを退会してみた。
…と言っても絶賛稼動中のブログではなく、以前にアカウントだけ取って、ちょろっと使ってほったらかしにしていたブログ。合計20頁ぐらいしか記事を...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です