Web制作で丸12年!(3)Yahooカテゴリ登録が楽勝だった時代

● Yahooの登録は楽勝!●

当時、Yahooのカテゴリ登録は商用・非商用に関わらず無料。

しかも、申請すれば余程の理由が無い限り1ヶ月後ぐらいには掲載されるので、楽勝でした。
98年に趣味のサッカーサイトを作って、Yahooのディレクトリ登録をしたら、申請2回目で掲載。今では独自ドメイン+ブログ形式になっていますが、まだしっかりとカテゴリ登録されています。1日10~20しかアクセスが無い、私の運営サイトの中では最も貧弱サイトではありますが(笑)試合観戦の備忘録代わりです。

ビジネスエクスプレスなどと言う制度が出来たのも、ここ数年のこと。
Yahooはもともとすべてのカテゴリが、無料掲載だったのです。

ただ年月を追うごとに申請者が増え、載りづらくなり、何度申請しても載せてもらえない「Yahoo難民」と言う言葉も生まれました。

Yahoo登録は人力だった

それにしても不思議なのは、開設数年後に独自ドメインに切り替えた際、Yahoo側に変更申請とか全くしなかったんですよ。アドレス切り替え後、ある日アクセス解析でYカテPから来ているのを発見し、ちゃんと変更されてることがわかったのです。どうしてだろ?

いろいろと悪評も多いYahooですが、↑こう言ったところは速やかにいい仕事をしていたりするんですよね。

個人運営のホームページが希少な時代だった

個人のホームページ運営なんて、希少な時代でしたから、趣味サイトを通じて北海道のスポーツ新聞社から取材依頼が来たりしましたよ。首都圏にいた私は、電話で取材を受け、スポーツ新聞にホームページを画面付きで載せてもらいました。

独自ドメインも、当時では憧れ中の憧れ!個人には、とても手に入るレベルのものではありませんでした。「いつかは欲しいね」なんて会話をしていましたもん。

個人で10個も20個も持てるなんて、夢のような話。
小室哲哉が華原朋美に○○○○万円?のホームページをプレゼントしたとかニュースになっていた時代ですから…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です