佐藤可士和氏デザインのクールジャパンのロゴが、JOCエンブレムと似ている件

確かに似てはいますね。
左がクールジャパンのロゴ(佐藤可士和氏デザイン)、右がJOCのエンブレム。

佐藤可士和氏と言えば、いつぞやのSMAPのアルバムジャケットデザインで、びみょ~な物議を醸し出したりしていた記憶がございますが、超有名なアートディレクター。
Eテレ「えいごであそぼ」のクリエイティブディレクターを務めたりもしていますので、クレジットで見かけますよね。(初めて見つけたときは「こう言う仕事もやっているんだ~」と驚いたものです。)
パクリか、そうじゃないのか、たまたま似てしまったのか…これまた微妙な感じではあります。以下、ニュースサイトより。
クールジャパンのロゴ、JOCエンブレムとそっくり!?
アニメやファッションなど日本発の文化産業を海外に売り込む政府の「クールジャパン」戦略の一環で、知的財産戦略推進事務局が発表したロゴマークが、日本オリンピック委員会(JOC)のエンブレムとの類似性を指摘されていることが17日、分かった。
 ロゴマークはユニクロのロゴマークなどを手掛けたアートディレクター、佐藤可士和さんのデザイン。公募で集まった99案から絞り込み、野田佳彦首相が最終判断した。
 ところがロゴを発表した13日以降、同事務局に「JOCのエンブレムに酷似している」との指摘が寄せられた。似ているとされたのはコシノジュンコさんがデザインしたもので、JOCは対策を協議するという。
 一方、同事務局は「JOCのマークは把握していたが、類似商標にはあたらないという専門家の判断だった。すでに商標申請をしているので、手続きを進める」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です