JimdoとWordPressの違いをまとめてみました。<2019年版>

JimdoとWordPressのどちらがいいかという論争が定期的にあり、私も仕事柄よく「どちらがいいですか?」と聞かれます。私の答えは「使う人次第」です。

ITに慣れていない人が、簡単に自力更新できるサイトが欲しい場合は、Jimdoが良いでしょうし、ある程度ネットの情報発信に慣れている人が、ブログをたくさん更新して「オウンドメディア」っぽく運営したい、あるいはサイトで専門性のあるコラムを掲載して、ネットから集客に結び付けたい場合は、WordPressの方が向いていると言えるでしょう。

一概に「どちらがいい」とは言えない現状

ある程度規模感がある企業でも、「一部署で管理できるホームページが欲しい」「事務方に更新をさせたい」という場合は、本体サイトとは別にJimdoを提案する場合もあります。

一概にどちらがいいとは言えないので、運用方法と担当者のスキルをヒアリングしてから提案しているのが現状であります。

そんな中、WordPress以外全部ダメというウェブコンサルもいると耳にして、大変驚いております。どのツールにも一長一短があるので、一つのツールのみを強烈にプッシュしてくる方は偏った情報しか持っていない可能性があり、危険です。

以下、JimdoとWordPressのメリットとデメリットを簡単にまとめてみましたので、悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

Jimdoのメリットとデメリット

まずは、Jimdoのメリットとデメリットから見てみましょう。

Jimdoの良いところ・メリット

  • 更新が簡単(HTMLの知識等はほぼ不要)、Wordのような感覚で操作ができる
  • 文字の更新だけでなく、地図表示、フォームも無制限
  • 国内にサポートセンターあり、KDDIの関連会社が運営している
  • 独自ドメインが使える(有料版)
  • セキュリティ対策がしてある
  • スマートフォンに自動対応
  • 時代の流れに合わせて自動で機能が増える

Jimdoのデメリット・おすすめできない点

  • ブログ機能が弱い(管理にしくい、扱いにくい)
  • 拡張性が低い
  • サブドメインが使えない(abc.shikama.net のようなアドレス表記は使えない)
  • 突然、機能がなくなってしまうことがある(メルマガ機能や画像編集機能など)

WordPressのメリット、デメリット

次に、WordPressのメリットとデメリットを見てみましょう。

WordPressの良いところ・メリット

  • 独自ドメイン、サブドメインが使える(Jimdoはサブドメイン不可)
  • 拡張性が高く、あとからいろいろなプログラムを追加して、機能拡張ができる
  • デザインの自由度が高い(オリジナルのテンプレートを作成する場合)
  • 複数サイトがある場合、Jimdoよりも低コストで運営できる(1サイトあたりのランニングコストが下がる)

WordPressのデメリット・おすすめできない点

  • 初期構築のハードルが高い。ある程度専門的な知識が必要。
  • ITに慣れていない場合、手間・時間・学習コストが確実にかかる
  • Jimdoに比べると、更新が難しい
  • バージョンアップやセキュリティ対策を自分で行う必要がある
  • ある日突然、画面が真っ白になることがある(ホワイトアウト)
  • HTML・CSSの知識が必要になる場合も多い

以上です。

以前、作成したJimdoサイトがありますが、「地名+職業名」で1位を獲得し、ずっとキープしています。もともと、同キーワードでの1位はWordPressで作った競合他社のサイトでしたが、弊社がテコ入し、WordPressサイトを抜いてずっと1位を保持しています。

そんな実績があるので、一律に「JimdoはSEOが弱い、WordPressはSEOに強い」と一刀両断してしまうコンサルには、懐疑的な視線を送ってしまうのです。

繰り返しになりますが、JimdoかWordPressかの選択で迷った時は、ご自身のスキルや運用状況、そしてチャレンジ精神などを総合的に判断し、検討することを強くおすすめいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローお待ちしております!★