【ウェブ解析士会議2018】ウェブ解析士アワードでベストオブベストを受賞しました! #wacajp

すっかり報告が遅くなりましたが、2018年6月9日(ログの日)に開催されたウェブ解析士会議2018で、ウェブ解析士アワードの「Best of the Best」(ベストオブベスト)賞を受賞いたしました。

もともとは、部門ごとに与えられる賞である「Best Contents Producers 2017」をいただいていました。そのほか、

  • Top Scorers 2017
  • Best Contents Producers 2017
  • Pioneers of WACA 2017
  • The Most Active Corporate Partner 2017
  • Evangelists of WACA 2017
  • Outstanding Members of WACA 2017

の部門があります。それぞれに複数の受賞者がいらしたのですが、最終的に一人だけベストを選ぶという名誉ある賞を、まさか自分が受賞するとは!想定外のできごとに本当に驚きました。もちろん、とてもとても光栄に思っております。

せっかくの機会なので、一般社団法人ウェブ解析士協会の代表・江尻さんから連絡が来てから、本番までを振り返ってみたいと思います。

それは江尻さんのFacebookメッセージから始まった

最初にアワードにノミネートされていることを知ったのは、江尻さんからのFacebookメッセージでした。はじめにメッセージを受信したときは、絶対に飲み会の招集だと思ったのですが(笑)、まさかの「推薦されていますよー」というメッセージで。この時点ですでに驚きでした。

ベストを決めるための投票をネット上でやっているので、確認してねと言われ、Googleフォームで作成されたページを見たところ、

というポイントが評価されたということがわかりました。今年3月に出版した書籍や各所で開催しているセミナーのお陰ですね。コツコツやってきて良かった!そして、書籍を出すとこうして人の目に留まるのだなぁということも改めて感じました。

というのも、2010年にウェブ解析士の資格を取得してからというもの、協会主催のセミナーやイベントに全く参加していなかったので(すみません!)、自分には無縁のものと思っていたのです。

セミナーやメルマガで呼びかけてみた

私の中では、「Best Contents Producers 2017」を受賞しただけでも光栄なことではありますが、さらに各部門受賞者の中から一人だけ、その年の「ベスト」を決めるための投票があるということ。そして一般の人(解析士以外)でも投票権があるということだったので、セミナーやメルマガで呼びかけてみることにしました。めったにない機会ですもんね。

【呼びかけの内訳】

  • 5/9日 豊橋でのアクセス解析セミナー(約50名)
  • 5/16日 市川市での出版記念セミナー(約30名)
  • 5/18日 メルマガ送信(450名ほど)1回のみ

コンバージョン:不明
※得票数が不明なので、CVRはわからず。(今のところ)

ブログやTwitter、Facebookでは投票の呼びかけはせず。(ただ単に、手が回らなかっただけです、はい・・・)

当日は11時に集まってリハーサル

事前にお達しがあり、アワード受賞者は11時に会場に集合しました。しかし、さまざまな地域から受賞がいるため、全員は無理とのこと。うちは千葉の東京寄りですし、めったにない機会なので、もちろんリハーサルから参加しました!

アワード登壇者のリハの後は、セミナー登壇者のランスルーがスタート。本番さながらの緊張感にワクワク。錚々たるメンバーですもんね。始まる前からテンションがグッと上がってきます。

会場には鷹野さんいずいずなど、CSS Nite関係の方もお手伝いて来ていました。鷹野さんのウェブ解析士Tシャツ姿を拝見するなど、なかなか貴重な体験を。

いよいよ本番!まさかのベストを受賞!

この日は「ウェブ解析士会議2018」ということで、13時から19時まで長丁場のセミナーです。その途中で、アワードの授賞式とベストの発表があるという流れ。
事前の打ち合わせ通り、受賞者は途中でセミナーを抜け出し一旦ロビーに整列。しらばく待機したのち、檀上へ案内されました。

最初は部門賞である「Best Contents Producers 2017」の表彰ということで、同じ賞を受賞した佐藤 佳さん、加藤 雄一郎さん、古橋 香緒里さん、坂上 北斗さん(セミナー登壇者)、Gary Tan Kar Quanさんとともに檀上へ。そして、盾をいただきました。

▼受賞者一覧はこちら
https://www.waca.associates/jp/column/30200/

その後、別部門の皆様も同様に呼ばれ、アワード司会の江尻さんから数人にインタビューなどもあり、いよいよベスト賞の発表へと移ります。司会からの呼びかけあり、ついにベスト受賞者の名前を呼ぶシーンが。

そこでコールされたのは

「しかま まなみさん」

えーーーーーーー!わ、わ、わたし???!!!!

自分が取る賞とは1ミクロンも思っていなかったので、本当の本当の本当に驚きました。マイクを向けられても、グダグダな受け答えになってしまい、あのような栄えある場で、気の利いた一言を言えない自分を大変残念に思っております。

得票数はかなり拮抗したようですが、とても名誉な賞を取れたこと、大変嬉しく思います。いくつになっても人から褒められるって嬉しい。

推薦してくださった方、投票してくださった皆様、応援してくれた方々、そしてイベントに関わるすべての皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました!

受賞した日にアップしたFacebookの記事:

本日、ウェブ解析士会議2018で、ベストオブベストという名誉ある賞をいただきました。ノミネートされただけでも光栄だというのに、まさかのベスト!!全くの想定外の結果に、発表の瞬間、手足が震えました・・・!推薦いただいた方、そして投票に参加…

志鎌 真奈美さんの投稿 2018年6月9日土曜日

副賞は海外講演

さらに驚くことに、副賞は「海外講演」だそうで、会場のスライドに「海外講演決定!」と表示されていました。わー、聞いてないよー(笑)

とはいえ、私もここ数年講師の仕事をしてきて、機会があれば海外で講演なんかもできたらいいな、とぼんやりですが思っていましたし、いつかは英語でのスピーチも!なんて考えていたこともなくはないので、これはいいチャンスなのかなと思いつつ、思いつつ、あまりに急な展開で二度びっくりです。場所はシンガポールという噂。

そういえば、ウェブ解析士協会がシンガポールあたりに進出している話は、以前会報誌に載っていたっけ。
https://www.waca.associates/jp/column/26979/

アワード受賞時の発表に加え、このイベント全体の最後に江尻さんが登壇し、シンガポール行きを念押されたので、実現する可能性は高そうです。え、え、英語の勉強、が、が、が、頑張ります、はい。

【おまけ】投票者にも特典が!

このアワード、ベスト受賞者に投票した人にも特典があるのです。2名だけですが、Google Home miniが当たるとのこと。

そして、こちらを当てたのが、千葉コワーキングスース201のオーナー、佐々木亜紀さんでした!おめでとうございますー。応援してくれた方にも特典があるって嬉しいですよね。喜びも倍増!いいな~(ボソッ)。

お陰様で、とても思い出深い1日となりました。賞の名に恥じぬよう、これからも顧客の事業課題の解決に邁進して行く所存です。

ところでウェブ解析士って何?と疑問な方へ

ウェブ解析士は、アクセス解析だけじゃなく、ウェブ周りのマーケティング全般もわかるので、数字が苦手なウェブ制作者にこそ挑戦して欲しい資格です。Aamzonで公式テキストも販売されているので、まずはテキストを買ってみて!絶対オススメ!

ウェブ解析士2018 認定試験公式テキスト
ウェブ解析士協会
売り上げランキング: 2,095

そして、ウェブ解析士を取得した人は、平均で45.4万円ほど年収が増加しているというデータがあるのです。こういうデータを持ってくるのも、ウェブ解析士っぽくていいですよね。協会会長・江尻さんのスライドより。

ウェブ解析士会議2018へ参加した方々のブログ

どれもいい記事なので、ぜひ読んでくださいまし!

※その他見つけたら、随時追加予定

▼イベント当日は、Twitterのトレンド3位に入ったそう

​以上、すっかり遅くなりましたが、ベストオブベストの受賞レポートでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です