女性の起業は自撮りなど必要なし!まずは「女性起業家3種の神器」を準備しよう

最近、だいぶ下火になったようですが、いっとき「キラキラ起業」「SNS起業」などと呼ばれる女性の起業スタイルが話題になっていました。おもにFacebookやインスタを主戦場とし、友達は数千人作る、とにかく自撮りして毎日アップする、ホテルのラウンジなどでお茶会やセミナーを開くなどを指南していたようです。

そんな経緯もあってか、一時期、女性起業家の方々にものすごく聞かれたのが、「自撮りは必要なのか?」ということ。事業をやる上で、自撮りって必要だと思います?芸能人やモデルだったら別ですが、それよりももっとやるべきことがたくさんありますよ。自撮りだけで仕事が取れるなら、世の中にある広告もチラシもすべて不要といことになりません?

ひとまず、起業することになったら、以下の3種類を用意しておきましょう。(私は「女性起業家3種の神器」と呼んでいます)

(1)名刺
(2)プロフィール写真(2種類)
(3)ホームページ

(1)名刺は絶対に必要

起業時にまず必要になるのは、言うまでもなく名刺ですね。デザイナーに頼んで作ってもらえればベストですが、Canvaのようにオシャレで簡単に作れるツール(無料)を使ったで自作するという手もあります。

家庭用プリンターでの印刷は、絶対におすすめしません。インクジェットでの印刷は、湿ると文字が滲んでしまいます。いかにも安っぽい感じになってしまって、残念感しかありません。
「ラクスル」のような激安ネットプリントを使えば、1000円前後で100部できちゃいます。むしろ、この1000円が出せないというのであれば、起業すべきではないでしょう。

(2)SNS時代なので、プロフィール写真も必須

「顔出しはしたくない!」と言っても、SNSの時代なので、一枚は必要になります。自撮り投稿は必要ありませんが、Facebookのプロフィール写真、事業用サイトに掲載する写真は用意しておくことをおすすめします。可能であれば2種類(事業用写真、SNS用写真)あると良いですね。

女性起業家と会うと、プロフィール写真は必要か?という話になることがあります。これから起業する、あるいは起業したてで、実績も経験も少ない場合は...

(3)ホームページはあなたの分身!

そして、必ず必要になるのがホームページです。名刺やチラシは、手渡しか郵送しか渡す方法がありませんが、ホームページは24時間365日、あなたの事業の案内をかわりにしてくれます。ガッチリ集客できるかどうかは、また別のスキルや知識が必要になりますが、少なくとも、ホームページがあること、つまり「あなたの代わりに事業を説明してくれている場所」が、ネット上にあるという状態が非常に重要です。あなたの分身がネット上にいるようなイメージですね。

また、ホームページがない人より、ある人の方が紹介しやすいので、まずは簡単な内容でもいいので、ホームページを開設しましょう。

ビジネスの場において、「あの人(会社)をxxさんに紹介したいけれど、ホームページがないから紹介しにくい」という現象が起こることがあります。 ...

Jimdoであれば、簡単に自作することもできるのでおすすめです。(無料)

以上、 『女性の起業は自撮りなど必要なし!まずは「女性起業家3種の神器」を準備しよう』をお届けしました。 もちろん「自撮りが大好き」という方を否定するものではありません。好きならば続けてください。

問題なのは、自撮りが好きではないのに「コンサル(キラキラ起業系)に言われたから頑張ってやってます」感がひしひしと伝わってくるケース。あまりに痛々しく、見ている方もつらいのです。ご理解いただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローお待ちしております!★