Facebookの友達リストを「公開」にしてはいけない理由

Facebookを使っている皆さん、友達リストってどうしていますか?
誰かと繋がるときに、「共通の友達」が何人いるか気になったりして、友達リストを閲覧することってありますよね。相手のプロフィールを見たときに、

  • 「共通の友達のみ」が表示されるパターン
  • その人の友達すべてが表示されるパターン

があることにお気づきでしたか?実は私、友達リストは、ずっと「公開」にしていました。

しかし!あるときイベントで一回だけ会った人と繋がったことがあるのですが、私の友達リストの何人かに面識がないにも関わらず、友達申請をしていたんですね。知人からの連絡で発覚しました。

こんなケースは少ないかも知れませんが、Facebookのガイドラインをご存じない人や、営業目的の人と繋がってしまうと、あなたの友達リストが「誰かの営業リスト」になってしまう可能性があります。

そこで、今友達リストを全公開にしている人は、自分の大事な人を守るためにも、以下の設定をしてお来ましょう。

Facebookの友達公開設定を変更しよう

Facebookにログイン、自分のプロフィールページへアクセスし、友達リストを表示しましょう。

(1)鉛筆アイコンをクリック「プライバシー設定を編集」

(2)次の画面で「自分のみ」に表示を変更します。

以上です!

これで、Facebookで繋がった相手には「共通の友達のみ」が表示される状態になります。大事な友人・知人を、営業リストに利用されないように、この設定をしておくことをおすすめしています。

▼こちらもぜひ、一度読んでみて!

Facebookのヘルプ(ガイドライン)に、友達リクエストの推奨範囲の項目があるので、ぜひ読んでみてください。 Q&Aの「友達...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローお待ちしております!★