年末年始の休みを長めにとってみて気づいたことや出来事 <コロナ禍での休みの取り方について> 2021年初頭

今年の年末年始は、かなり長めにしてみました。いつも年末が近づくと(なぜか)駆け込みの仕事がバタバタと入ってきて、あたふたしてしまうことが多かったのですが、今年はそんな流れになりそうもない雰囲気だったので、思い切って土日含めて10日以上休暇になるよう設定しました。フリーになってから、こんなに長く冬季休業を取ったのは初めてじゃないかな。

帰省もしなかったので、買い物や用事以外は完全にステイホームです。

寝正月を満喫

寝正月って最高じゃない?!いつもはバタバタと12/30か31日に実家に移動し、実家で過ごしています。のんびりする日はあるものの、1日中着替えもせずゴロゴロするというわけにはいきません。今年の年始は、自宅でおとなしく過ごしたため、本当に最高の寝正月でした。

マンガに課金しまくってしまった年末

これは収穫でもあり反省でもあるのですが、どうしても「ベルサイユのばら」(昭和時代の名作少女漫画)が読みたくなってしまい、うっかり「めちゃコミック」に課金しまくってしまいました。

最初の何話かは無料で読めたのですが、その後は有料じゃないと読めず。昔読んだことはあるもののたいぶ内容については忘れてしまっていたため、結局最終話まで課金。あとから振り返ってみると、Kindleで購入しても同じぐらいの金額だったのでは?と思うと、なんだか悔しかったり。

ただ、お陰でフランスの近代史にめちゃくちゃ興味がでて、暇さえあればその辺りの時代について調べたりネットの資料を読みまくって、だいぶ詳しくなりました。世界史は本当に苦手で避けてきた人生だったので、これは大きな収穫でした。

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)の「世界史データベース」にはかなりお世話になりました。
https://bushoojapan.com/category/world
※日本史だけじゃなく世界史のコーナーもあったんですね。

腰を痛めてしまった

年末年始、あまりに動かなかったせいなのかぎっくり腰を発症してしまいました。トホホ…。さらっと書いていますが、発症1日目はほんとちょっと体を動かすのも痛くて、立つのも座るのもベッドで寝るのもトイレに行くのもすべてに大きな痛みが伴い、不自由をしておりました。一番頼りになったのは、トイレの手すり。ありがとうユニバーサル設計。

これを書いている今は、自力歩行や料理ができるほどまでに回復したものの、かがむ姿勢はしばらくダメそう…。皆さん、適度な運動って大事ですよ。

ちなみに日経スタイルに載っているこの3分体操は、結構効くんじゃないかと思います。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO57080230S0A320C2000000/

本当に激痛があるときはできないけれど、少し体を動かせるようになった頃にこの背中をそらす3分体操は、ちょっと腰回りが軽くなって個人的にはおすすめです。
(効果には個人差があるのでご注意を)

というわけで、明日から仕事始め!
無事社会復帰できるか若干不安はありますが、緊急事態宣言の発令もあり、ちょいと身辺バタバタしそうです。

こんなスタートではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご相談はお気軽に!

ホームページ制作やSNSの導入・活用支援、ITコンサルティング、講師や執筆などに携わっています。集客やウェブ活用、SNSの運用などでお困りの方は、ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローお待ちしております!★

PAGE TOP