2020年、印象に残った10のできごと <コロナ禍の1年を振り返って>

2020年はコロナ禍を抜きにして語れない1年でしたね。日本どころか世界中がこれまでとガラッと異なる生活様式を強いられる年でした。

ただ悪いことばかりでもなくて。もともとZoomを使ったりオンラインで打ち合わせをしていた私にとっては追い風だったと思うできごともありました。備忘録もかねて振り返ってみたいと思います。

コロナ禍で講師の仕事が激減

これはもうホントどうしようもないことなのですが、コロナで緊急事態宣言があり、リアル/対面のセミナーが開催できなくなりました。したがって講師の仕事も激減。加えて同時期はウェブ制作の仕事も減っていたので、このころは本当にどうなるかと不安な日々でした。

事業をたたむ、あるいは規模縮小をすることも考えたりしました…。

動画出演の機会が増えた

一方、動画出演する機会がグッと増えました。上述した通り、講師の仕事が激減してどうしようかと思い悩んでいたのですが、その穴を埋めるかのように、動画講座への出演依頼がありました。ありがとうございます!

中止になったセミナーの中には初めて扱うテーマもあって、すごく楽しみにしていたのですが、結果的にはこうして動画出演が増えたおかげで新たな境地を切り開いた感があります。

完全にビジネス系のネタではありますが、Youtubeにも出演しておりますよー。
https://shikama.net/archives/3301

オンラインでセミナーができるようになった

いままで1対1のミーティングぐらいにしか使っていなかったZoomですが、いよいよセミナーで使うことに。

ステイホームで時間があったお陰で、自宅からの配信環境をいろいろ試行錯誤。Youtubeで動画授業のやり方を解説している現役教員の皆様、とても役立つ情報提供をありがとうございます。

私自身もいろいろ試した末に辿り着いたのは、iPadで音声とビデオ、デスクトップPCでスライド資料の共有というやり方。このスタイルを早めに確立できたのは良かったのではないかと。我ながら、早めにオンラインにセミナーを移行することができたと感じています。

更にオンラインでは難しいと思っていたハンズオンも、やり方次第でできるようになることがわかりました。

お陰様で、緊急事態宣言前後で激減してしまった講師の仕事を取り返して余りあるほどの登壇機会に恵まれました。ありがとうございます!

自宅からのセミナー配信が楽過ぎて、これはもう元の世界に戻れないかも知れないとも思ったりする今日この頃。

生まれて初めてクレジットカードの分割払いを利用

緊急事態宣言が出て仕事が激減した最中に、ちょいと入用の出金があり、生まれて初めてクレジットカードの分割払いを利用しました。(いつもは一括払い一択)

最終的に支払うトータル金額に驚きつつも背に腹は代えられない状況だったのです。クレジットカード会社っていい商売だなあ。

ドイツ旅行は中止

実は去年の秋ぐらいからドイツ旅行に行こうと画策していました。間もなく日程も確定するというところにコロナの拡大が伝えられ、中止に。

ギリギリまで様子を見ようという話も出たのですが、1月に中止を決めて本当に良かったと思いました。

3月上旬に行く予定で、そのあたりのスケジュールは空けてあったので、緊急事態宣言もあり、思いがけずスケジュールがスカスカに。執筆の仕事もあったので結果的にはちょっとありがたい状況にはなりました。

4冊目の出版をしました(2020年6月22日)

BASEを使ってネットショップを開設する方法を解説した書籍を出版しました。2019年の春頃、この企画を持ち込んで執筆が決まったときには、まさかこんな情勢になるとは思いもせず。思いがけずタイムリーなテーマの書籍となりました。

ネットショップ本は以前からどうしても書きたいテーマだったので、こうして形になったことが本当に嬉しい。

アメリカ在住の友人とZoomで再開

秋ぐらいにアメリカ(コロラド州)に住む高校時代からの友人とZoomで情報交換をしました。アメリカの話と言えばトランプさんと人種運動が多かったと記憶していますが、実際に生活する人の話は全然ニュースとして伝わってきていないんだなと改めて感じました。

米国の学校はかなりオンライン化が進んでいることに驚いたり、逆に日本では人数制限をしつつも野球もサッカーも人を入れて開催していることに驚かれたり、互いの国の違い、生活環境の違いについて発見がありました。

なんだかんだで出張の機会がありました

ウィズコロナという言葉が浸透し、Gotoキャンペーンの施策もあり、何だかんだで11~12月は出張の機会がありました。

今年行ったのは、倉敷、豊橋、高松(コロナで一旦動きが停止)、名古屋、霧島(鹿児島県)、茅野(長野)、奈良。

詳しいレポートはこちら
https://web-neta.net/?cat=266

Gotoがあったおかげで、高校2年の息子も修学旅行で沖縄に行くことができ、3泊4日の旅を楽しんできました。

書籍の増刷決定

12月のある日。編集者さんからFacebookメッセージで重版決定の連絡が来ました。出版は今回で4回目になるのですが、発売してすぐにAmazonレビューもたくさんついていたし、これは結構イケるんじゃないかなと個人的には思っていました。コロナ情勢もあって、オンライン販売のニーズも高まっていましたし。

しかし、同時期に出版した方々は増刷がかかっているにもかかわらず、私が執筆した書籍には特にそのような朗報はなし。秋ごろには、若干焦りも感じておりましたが、無事2020年の師走にその知らせはやってきました。

書籍発売からちょうど6か月、メッセージを読んだ瞬間ガッツポーズですよ。

皆さん、本当にありがとう。
中にはお一人で10冊もお買い求めくださった方も。持つべきものはブルジョワジーな友達だなあ。

高校生の息子へ動画編集の仕事を発注した

12月に入って、2本動画セミナーを録画して納品する仕事がありました。スライドを作って、Zoomで一人セミナーをやって録画したところまでは良かったのですが、さて編集をどうしようかと。

前後をカットして繋ぐ程度のものなので、自力でやる方法も検討しましたが、息子(高2)に相談してみたら、やれるというではないですか。さすがはデジタルネイティブ。以前購入した息子用パソコンがいよいよゲーム以外で役に立つ日が!

というわけで、いくばくかのギャラを払い編集をしてもらったという流れです。その間、私は別の仕事ができたし、そのまま先方からの修正もなしで納品することもできたしで、身近なところに労働力があることを発見。

本人曰く「(スライドの合間の)空白が少なくなるようYoutubeっぽく編集しておいたから!」だそう。わが子ながらスゴイ。来年は本当にちゃんと仕事として頼もうかと考えています。

家族がガチで仕事の戦力にカウントできるとは思ってみなかったので、大きな収穫でした。

以上です。

一日も早くコロナが収束して、皆様と元気に笑顔で会える日が来ますように。

ご相談はお気軽に!

ホームページ制作やSNSの導入・活用支援、ITコンサルティング、講師や執筆などに携わっています。集客やウェブ活用、SNSの運用などでお困りの方は、ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローお待ちしております!★

PAGE TOP