わたくしこのたびMacを卒業し、レッツノートユーザーになります!

今まで外で使うパソコンはMacでした。ご存じの方も多いかと思いますが、ウェブ業界の人のMac率ってものすごい高いです。だから、私も!って見栄を張って(当時は)買いました。スタバでリンゴマークを見せつけながら、ドヤ顔するのはなかなか楽しい経験でした。

しかし、実はわたくしWindows3.1の頃からWinユーザーでして、作業用のメインマシンもWindowsなのです。Mac book airを購入した時に、いっそ全部Macに切り替えれば良かったのですが、スイッチングコストなどを考えて、結局移行しなかったんですよね。

誤解の無いよう書いておきますが、Macはやはり素晴らしいプロダクトだと思います。スクロールのスムーズさ、美しい画面切り替え等、Windowsでは決して手に入らない世界がそこにはあります。

Mac Book Air 開封の儀を執り行いました。

とは言え、どんなに素晴らしくても好みの問題があったり、使っていく中での不満って出てくるものでして。たとえて言うなら、福山雅治のような超イケメンと付き合ってみたものの、やっぱり私、星野源の方が好きだった!そんな感じでしょうか。(福山雅治と星野源の優劣をつける意図はありません。ただ単に好みの問題であるという意味の喩えであります)

Macからレッツノートに乗り換えようと思った理由

私がモバイルPCを、Macからレッツノートに乗換ようと思ったのは、こんな理由です。

・Macは素晴らしいプロダクトだけれど、今となっては1Kgでも重いと感じる(1.02Kg)
・私のMacはバッテリーが持たない(実質2~3時間)
・長時間外出の時は、結局アダプターを持ち歩くので重い(1.45Kgぐらになる)
・そういえば、私いつかはレッツノートを持ちたいと思っていたな(広告を見て)
・何となく、レッツノート好きの人と繋がりたい気持ちが強くなってきた

そんな訳で、いつかは買おうと思っていたレッツノートを買うことにしました。745g!世界最軽量のノートパソコンです。世の中の軽量パソコンって、せいぜい1Kg前後です。ところが、レッツノートは大幅に更新する軽量さ。これは「軽量」というジャンルに挑戦しないとなし得ない重量ではないでしょうか。

軽量だったら、2in1という手もあるかも知れません。
Surfaceも検討したのですが、デモ機を触ってみると、どうもしっくり来ないのです。

だったら、高くてもパソコンのフル機能があるレッツノートがいい。
うだうだ言う前に、レッツノートが欲しい!
レッツノートユーザーのコミュニティーに入りたい!

そして、なにより



レッツノートを持てるようになった私に会いたい!



ということなのです。

恐らく周辺で持っている人はほとんどいないであろうレッツノート。今後ますます「ウェブ業界のマイノリティー道」を極めたいと思います。

・・・と、いろいろ書いてきましたが、Macは今後一切使わないということではありませんよ~。うっかりタイトルに「卒業」とか書いちゃいましたが、確認用マシンとして使いますし、たくさんの講座用資料が入っていますし。ただ、登場する頻度は減るでしょう。

参考にした記事など

レッツノート関係の記事はいくつも読んだのですが、この辺りが後押しになったよ~という記事を2つほどご紹介いたします。

Let’snoteが目指すのは「単純な最軽量」ではなく「バランスの取れた携帯性」 – ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0401/27/news080.html

ウェブ業界で、カラーの本を出版されている坂本さんの記事も後押しになりました。坂本さんは、レッツノートユーザーではないのですが、堂々とWindowsマシンを購入したことを書いていたので、よし!私も大丈夫だ!と思ったのです。

使っていく中で「やっぱりMacがいい!」と戻るかも知れませんが、しばらくはレッツノートを使い倒す予定です。このブログにもレッツノートネタが多くなるかと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。購入するまでの葛藤や紆余曲折があった話も掲載していきますね!

レッツノートって何?という人は、↓こちらからどうぞ~!
⇒ Panasonicのパソコン直販サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

★フォローお待ちしております!★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です